「ヨーグルトを食べていても、食事全体のバランスが悪ければ整腸作用はあまり期待できません。せっかくヨーグルトを食べるなら、同時に食物繊維やオリゴ糖をとることも大事です」(小泉さん)

ヨーグルトを食べると生きた菌を腸に届けることができる(第1回「ヨーグルトと納豆 微生物が生きてる発酵食品の魅力」参照)。このように、生きたまま腸に届いて増殖し、体に良い影響を及ぼす微生物をプロバイオティクスという。「プロバイオティクスとは、生物同士の共生を意味するプロバイオシスを語源としたものです。これは、自分がもともと持っている腸内細菌によい菌をプラスして健康になるという予防的な考えから生まれました」(小泉さん)

一方、プロバイオティクスの働きを助ける物質をプレバイオティクスという。「これは、自分がもともと持っている善玉菌や、ヨーグルトなどで取り入れた善玉菌のエサとなり、結果的に腸内の善玉菌を増加・活性化させる食物繊維やオリゴ糖のことを指します」(小泉さん)

プロバイオティクスとプレバイオティクスを同時にとろう

プロバイオティクスとプレバイオティクスでは、整腸に対するアプローチが違う。「違うからこそ同時にとると非常に効果的です」(小泉さん)。ヨーグルトを毎日食べているならプロバイオティクスについては、とれている。その場合、あとは、腸内細菌の働きを助けるプレバイオティクスを意識しよう。

食物繊維は穀類、芋類、豆類、海藻、きのこ、こんにゃく、野菜などに含まれている。また、オリゴ糖はタマネギ、ごぼう、アスパラガス、キャベツ、ネギ、大豆、ハチミツ、バナナ、牛乳などに含まれている。

発酵食品は体にいい。しかし、その良さをもれなく享受するには、発酵食品の働きを助ける食品もしっかりとるなど、ベースの食事をおろそかにしないことが大切だ。

「世界中にたくさんの発酵食品があり、食卓を豊かにしてくれています。いろいろな発酵食品を楽しみながら、健康や美容に役立ててください」(小泉さん)

【ここまで分かった 発酵食品】

第1回「ヨーグルトと納豆 微生物が生きてる発酵食品の魅力

第2回「乳酸菌は生きて腸に届く?ビフィズス菌との違いは?

第3回「味噌・納豆・酢 伝統発酵食の健康効果と食べ方のコツ

第4回「大人気の甘酒、カツオ節も発酵食品 その健康効果は?

小泉幸道さん
 東京農業大学名誉教授。1951年生まれ。1973年東京農業大学農学部醸造学科卒業。1997年東京農業大学教授に就任。専門は発酵食品学。発酵食品の科学的な成分変化と機能性に関する研究を行ってきた。著書に「NHKあさイチ 驚きの効果 ハチミツ&酢のパワー (生活実用シリーズ)」(NHK出版)、「元気がほしいカラダには酢が効く!―酢の健康パワーと痩身効果」(学習研究社)などがある。

(ライター 村山真由美)

医療・健康に関する確かな情報をお届けする有料会員制WEBマガジン!

『日経Gooday』(日本経済新聞社、日経BP社)は、医療・健康に関する確かな情報を「WEBマガジン」でお届けするほか、電話1本で体の不安にお答えする「電話相談24」や信頼できる名医・専門家をご紹介するサービス「ベストドクターズ(R)」も提供。無料でお読みいただける記事やコラムもたくさんご用意しております!ぜひ、お気軽にサイトにお越しください。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント