記憶をたどる、ひなの旅 酒田雛街道

本間家旧本邸・古今びなと犬筥(いぬばこ)
本間家旧本邸・古今びなと犬筥(いぬばこ)

3月が近づくと各地で桃の節句の催事が始まります。中でも、歴史あるおひなさまが数多く残るのが山形県酒田市。華やかな繁栄の記憶をとどめる建物の数々に、時を経てきた典雅なおひなさまはこの上なく似合います。「酒田雛(ひな)街道」(3月1日~4月3日)の期間中は県内外や関東からもたくさんの人が訪れます。

港町・酒田は、寛文12年(1672年)に開かれた「西回り航路」によって江戸、大阪、さらに北海道との交易を重ね、毎年春から秋にかけて3000隻もの北前船が活発に出入りしたといいます。北前船は庄内の米や紅花を積んで大阪や江戸に向かい、帰りは雑貨や古着、塩や茶、仏具、石材など「海のデパート」と表現されるほど多種多様な品物を積んで戻ってきました。

こうした取引で財を成した豪商が次々に誕生し、「西の堺、東の酒田」といわれる商都に成長。明治に入ってからも「金の置きどころがない」といわれる繁栄ぶりだったそうです。大名や豪商が注文した豪華なひな人形も上方から海路数カ月をかけて運ばれてきたことでしょう。

昔の姿をとどめる本間家のおひなさま

酒田の豪商といえば、「日本一の地主」といわれた本間家が有名です。「大名貸し」で窮乏する藩財政を立て直し、回船問屋としても事業を展開するなど金融・流通・不動産にわたって商売を展開。「本間様には及びもないが、せめてなりたや殿様に」とうたわれるように繁栄しました。米の先物取引で「相場の神様」と呼ばれ、株価チャートなどで今も使われる「ローソク足」を考案したといわれる本間宗久は本間家第3代当主・本間光丘のおじにあたります。

本間家が昭和20年5月まで住まいとしていた1768年築の屋敷(現・本間家旧本邸)には戦前まで、幅3間(約5.4メートル)、高さ2メートルの巨大なひな壇が飾られたそうです。屋敷は終戦まで軍司令部が使用。その後は長く公民館として使われており、人形は蔵にしまわれたままでした。本間家第11代当主の本間万紀子さん(本立信成社長)は「昔は男性しか蔵に入れなかったので、どこにしまってあるかも分かりませんでした。私たち自身のおひなさまはずっと小さいものでした」といいます。1982年、屋敷を「本間家旧本邸」として一般公開することになったのを機に、数十年ぶりに蔵から出したおひなさまは想像以上に状態が良く、展示公開することにしたそうです。

(左)精巧に細工された高さ1.5cmの象牙のおひなさま(右)化粧・洗面道具。小さなくしの歯も1本1本整えられています(共に本間家旧本邸)
数年ぶりに展示された、かいまきと布団。足元には火鉢も(本間家旧本邸)

現在は往時の半分の規模、幅1.5間のひな壇が飾られています。ほかにも数多いおひなさまは、嫁入り道具として持参されたもの、お金を貸したお礼として贈られたものなど来歴はさまざま。飾りきれない人形は、かつて9月の重陽の節句に「後の雛」として人形を飾ったという故事にちなみ、今年の9月初旬から10月下旬に特別企画の一環として展示するそうです。

酒田駅近くには、かつて本間家の別荘だった本間美術館があります。こちらでは多くの収集家から寄贈された、時代・様式もさまざまな人形を見ることができます(雛祭 古典人形展、4月3日まで)。1813年に建築された本館「清遠閣」には豪商・白崎家のひな人形を展示。回遊式の庭園・鶴舞園の向こうに、春浅い雪の鳥海山が望めます。