マリナーズ本拠地のシアトル スタバ1号店もイチローが歩いた街(1) スポーツライター 丹羽政善

シアトルにあるマリナーズの本拠地、セーフコ・フィールド
シアトルにあるマリナーズの本拠地、 セーフコ・フィールド

おそらく、イチローがマリナーズに入団するまで、ニューヨーク、ロサンゼルス、シカゴ、ボストンといった大都市は知っていても、シアトルがアメリカのどこにあるのか、そもそも、街の名前さえ初耳だったという人も少なくなかったはずだ。

アメリカでも、1990年代に入るまでは知名度が低く、住宅価格も手ごろ。2000年代に入って「全米で住みやすい街」ランキングで上位に選ばれることもあり、移住する人が増えたが、イチローのマリナーズ入りでシアトルという地名はアメリカを上回るペースで日本に浸透していった。

そのイチローが開幕から記録的な活躍を見せ始めると、彼を見ようとシアトルを訪れる日本人観光客が急増。夏休みを利用して、という人が多かったが、本来の目的ではなかったことが、次から目的となったリピーターも少なくなかった。

シアトル 夏は冷房いらず

実際、友人が空港の外に出たところでこう口にしている。

「シアトルの夏って、こんなに快適なの?」

そう。シアトルの夏は最高気温がせいぜい27~28度で湿気もない。冷房いらずで、知る限り家に冷房があったのは、06年から09年までマリナーズに在籍した城島健司さん宅だけ。雨が多いと聞いたことがある人もいるかもしれないが、それは冬から春にかけての話。夏に雨が降ることはめったにない。また、6~8月は9時半ごろまで明るく、夕方からゴルフを1ラウンドすることも可能だ。

見どころも近場に多く、短期観光向き。マリナーズの本拠地、球場のセーフコ・フィールドを起点とすれば、西側のビーチまでは車で10~15分ほど。海水温が低いので泳ぐのには適していないが、やはり車で10~15分走れば、泳げる湖がある。また、フリーウェイを使えば、90年代前半にカルト的な人気を誇ったテレビドラマ「ツイン・ピークス」(デビッド・リンチ監督)の舞台となった街まで30~40分。同じフリーウェイをさらに東へ15分ほど走ると、冬はスキーが楽しめる。

イチローの試合目当てでシアトルを訪れた人の多くは、ダウンタウンに宿泊し、歩いて球場へ通い、観光の移動手段も“足”がメインだったはずだが、それでも特に不都合を感じなかったのではないか。街のサイズがコンパクトなので、どこへ行くにも徒歩圏内。すべてとはいかないまでも、シアトルらしさの一端に触れることができる。

今回は、紹介するところをダウンタウンから歩けるスポットに絞るが、イチローが歩いた街、シアトルとはどんなところなのか。ブラブラしながらセーフコ・フィールドへ向かうルートを想定しながら、たどってみたい。

全米最古のマーケット

まず、ダウンタウンの中心に近く、年間1000万人の観光客が訪れるのが、1907年8月17日にオープンし、生鮮食品から、野菜、果物、花、工芸品などを扱うパイクプレイスマーケットだ。現存する同種のマーケットとしては全米最古という。

もともとは、主に野菜、果物を扱うファーマーズ・マーケットで、開場時に参加した農家はわずか8戸だったというが、2年後には平均して64戸に増え、1910年に拡張されるとその5年後には150戸もの農家が軒を連ねるようになった。

パイクプレイスマーケット

今のチャイナタウン、元はジャパンタウン

日本からの移民も多く参加していたようで、発展には浅からぬ関わりがあるが、やがて哀(かな)しい歴史をたどることになる。1941年12月、火災によってパイクプレイスマーケットは大きな被害を受けた。原因は今も不明だが、それが12月8日の真珠湾攻撃の1週間後だったことから、日系人による仕業ではないかと疑われたのだ。

年が明け、日系人がことごとく強制収容所に送られると、マーケットの広いスペースの半分が空き家になったそうである。

余談だが、日系人の多くは、球場に近い、今のチャイナタウン周辺に住んでいた。もともとはジャパンタウンで、強制収容によって日本人が消えると中国人が入って来て、チャイナタウンとなった。

パナマホテル

悲劇の痕跡は今も残る。少し外れたところに「パナマホテル」という古いホテルが立っているが、その地下にいわゆる日本の銭湯があり、強制連行される前に日系人は、大切なものをトランクや段ボールに詰め、そこに隠していった。家具なんかもあったようだ。

それらは、代々のオーナーに大切に引き継がれ、今となっては引き取りに来る人もいないが、銭湯も含めて保存され、その歴史が後世に語り継がれている。話を戻せば、パイクプレイスマーケットもさすがに老朽化が進み、なにより手狭になったことから、現在、拡張工事が行われている。裏の駐車場だったところに建物を建て、南側に広がるウオーターフロントとのアクセスを設ける予定で、順調にいけば今年6月に完成する予定だ。

注目記事