ワインも温かい!ドイツの冬のマーケットは極上気分

「ウィーン・シェーブルン宮殿の会場ではハプスブルク家の威光を感じながらグリューワインを楽しめる」
「ウィーン・シェーブルン宮殿の会場ではハプスブルク家の威光を感じながらグリューワインを楽しめる」

ドイツ語圏の冬の楽しみといえば「クリスマスマーケット」。教会や市役所、宮殿が集まる一帯にはずらりと屋台が並び、辺りは一気に華やぐ。気温0度前後まで冷え込む屋外で暖かい飲み物を片手に、友人や家族と語り合う瞬間は格別だ。お薦めの会場を紹介する。

「早く来ないかと落ち着かなくなるんだよね」。夏時間も終わり夜が長くなる毎年冬になると、ドイツ人とこんな会話をかわすようになる。クリスマスマーケットはドイツ語で「ヴァイナハツマルクト(Weihnachtsmarkt)」。キリストの降臨節からクリスマスまでのおよそ4週間程度が目安で、あちこちで開かれる。

冬のドイツは日照時間が短く夕方4時をすぎると辺りは暗くなり始める。ライトアップされた屋台や周りの教会を見て、ご当地グルメを食べ、暖めたワイン「グリューワイン」を白い息をはきながら飲むと、あっという間に時は過ぎていく。常に人気上位に来るのが南部ニュルンベルクと、世界最古と言われる東部ドレスデン。ともにうっとりするような美しさだ。

ニュルンベルクは「おもちゃの街」

世界に名を知られるニュルンベルクは、天使の格好をした若い女性「クリストキント」のマルクトがテーマ。毎年の11月下旬、クリストキントが開幕を告げる映像がニュースで流れると、筆者はいよいよ楽しみな季節が始まったとそわそわし始める。

メーン会場は中央広場。巨大なフラウエン教会の前には特設ステージが設けられ、市民合唱団によるクリスマスソングが続く。近くの屋台でシナモン入りのやや甘いグリューワインを買って、ゆったり聴くと気分は和む。グリューワインは容器込みで6ユーロ(約730円)前後が相場だ。

この街で欠かせないのはその名も「ニュルンベルガー」。中指くらいの短いソーセージで、3本そろって丸いパンに挟んで提供され、香草の香りが食欲をそそる。この街は昔から人の出入りが盛んで、職人が多く住み着いていた多かった歴史から「おもちゃの街」の顔も持つ。屋台でかわいい木組みの玩具を買うのも楽しい。筆者は陶製のビール醸造所の照明器具を購入した。

家族連れには、徒歩で行ける別会場の「キンダー(子ども)ヴァイハナト」をぜひ訪れて欲しい。機関車やメリーゴーラウンドが集まり、子供たちが心から楽しむ姿が見られる。お酒が飲めなくても大丈夫。グリューワインと同じ容器で暖かい紅茶やリンゴジュースなどに蜂蜜を溶かした「プンシュ(パンチ)」も必ず売っている。

注目記事
次のページ
ミュンヘン 特設スケート場も