駅ナカで買えるXマスケーキ 小型で多種類を楽しむ東京の駅ナカ・クリスマスケーキ 東京メトロ編

東京メトロのEchika、Echika fitに聞いたオススメのクリスマスケーキ
東京メトロのEchika、Echika fitに聞いたオススメのクリスマスケーキ

小さくて型崩れしない――会社帰りなどに買うなら、持ち運びやすいこともクリスマスケーキ選びの一つの条件になる。ミニパーティー用なら、多人数用のカップケーキなども人気のようだ。この記事では東京の主要駅の構内で買えるクリスマスケーキを紹介する。JR駅構内編に続き、東京メトロの駅構内にある「Echika」「Echika fit」で買えるクリスマスケーキを紹介する。【JR編はコチラ】

駅で買うなら小さくて型形崩れしないケーキを

「Echika」「Echika fit」を運営するメトロプロパティーズ(本社:東京都台東区)のプロパティマネジメント事業部営業企画担当の小松原麻美氏によると、今年に限らず、駅のショップで買われるケーキには一つの傾向があるという。

「会社帰りなど、時間や予定に合わせて買う人が多いので、持ち運びやすい小さめのサイズが人気です。最近は個包装やカップケーキの詰め合わせなど、型くずれしないものを選ばれる方が多いですね」

もともと駅ナカは通勤時の購入が多いため、持ち運びやすいサイズが好まれる。実際、JRのエキナカも含め、お薦めのケーキはどれも15センチ以下だった。さらにカップケーキのようなミニケーキなら、多人数で集まるときに、複数のケーキを買って持っていく楽しみ方もできる。これなら集まった人たちのさまざまな好みにも応えられるし、バラエティーに富んだ、楽しい写真も撮れるだろう。

ちなみにEchikaでは、インスタグラムが流行する前から、見た目の印象を常に意識してきたという。それは駅という場所が持つ特性からだ。

「乗り換えなどで早足で歩いている方にも気づいていただけることが大切。そこでインパクトがある、キャッチーな見た目のスイーツを取りそろえています」(小松原氏)

目的地へ急ぐ人が短時間で選べるように、販売するケーキなどの種類は絞り込むようにしているという。

EchikaおよびEchika fitでは、12月1日から25日まで、「祈る WHITE CHRISTMAS」というキャンペーンを実施している。今回はこのキャンペーン中に買えるお薦めケーキを、Echika池袋、Echika fit永田町、Echika表参道から、1つずつ紹介する。

●Echika池袋/SWEETS BOX「東京えんとつのクリスマスロールケーキ」

保存料や着色料などを使っていない「クリスマスロールケーキ」。2730円(税込み)

Echika、Echika fitでは、常設店のほかに、期間限定で入れ替わる「SWEETS BOX」という店舗がある。

「SWEETS BOXでは、百貨店ブランドや話題ショップのスイーツを週替わりで提供しています。家族や訪問先へのお土産、そして自分へのごほうびとして買われる方が多いようです」(メトロプロパティーズ 平田美羽氏)

2016年クリスマスシーズン、副都心線池袋駅改札外コンコースを中心に展開するEchika池袋の「SWEETS BOX」に出店しているのは「東京えんとつ」。今年のお薦めは「クリスマスロールケーキ」だという。

「東京えんとつのケーキは、保存料や着色料などは使っていません。素材にもこだわり、このケーキは鳥取大山の生クリームと国産とちおとめを使用しているクリスマス限定商品です」(平田氏)。ちなみに「SWEETS BOX」の出店期間は12月20日から12月26日、クリスマス商品の販売は12月23日(金)~12月25日(日)まで。

●Echika表参道/TABLES「カップケーキ」

デミタスカップケーキが人気のTABLESが用意するクリスマス時期限定カップケーキ。全6種類。各350円(税込み)

Echika表参道の改札外エリアに出店している「TABLES(タブレス)」。オーガニック素材を豊富に使ったデミタスカップケーキが人気だが、今回紹介するのはそのクリスマスバージョン。「サンタクロースやスノーマンなど全6種類。毎年人気となるクリスマス時期限定カップケーキです」(平田氏)

●Echika fit永田町/八天堂「クリスマス限定ギフトボックス(6個入)」

広島発の八天堂は、クリスマス限定ボックスを発売。好きなクリームパン6個を選べる。1450円~(税込み)

永田町駅改札内のEchika fit永田町に出店する八天堂は、冷たい「くりーむパン」が定番人気の店舗だが、クリスマス期間はクリスマス仕様の限定ボックスで販売する。「お好きなくりーむパン6個をクリスマス限定のギフトボックスに詰めたギフトセット。1つずつの個包装なので形崩れしにくく、お土産に向いています」(平田氏)。クリスマスにあえてクリームパンというのも、印象に残る選択かもしれない。

◇ ◇ ◇

ケーキというと、つい大きめのホールケーキをイメージしがちだが、今年の12月24日、25日は土曜日と日曜日。ミニパーティーなどの集まりに持っていくなら、どれを食べるかで盛り上がれるミニケーキは喜ばれるはず。数と種類が多いほど、インスタグラムにアップする写真撮影にも凝った工夫ができる。今年のクリスマスケーキは「コンパクトなケーキを多種類で」という視点で選んでみても面白いかもしれない。

※JRの駅で買えるエキナカクリスマスケーキはこちらの記事で紹介しています。

(ライター 北本祐子)

MONO TRENDY連載記事一覧