出世ナビ

学校のリーダー

日本最強の進学校はどこ? 灘校の広すぎる廊下 灘中学・高校の研究(下)

2016/12/17

灘中学・高校の中庭=神戸市東灘区

 日本最強の進学校はどこか――。「ビッグスリー」と呼ばれるのは東京大学合格者数トップの私立開成高校(東京・荒川)、筑波大学付属駒場高校(東京・世田谷)、そして私立灘高校(神戸市)。特に灘は国内最難関の東大理科三類や京都大学医学部医学科の合格者でトップを走る。灘の強さの秘密に迫るため、神戸市の同校を訪ねた。

<< 上)東大理三も京大医も制覇 灘高、強さの秘密

異才 中島らも氏も最後まで同級生

灘中学・高校の和田孫博校長

 「まあ酔っ払いでしたが、面白い男でした」。灘中学・高校の校舎中央にある図書館。卒業生が出版した本を集めたコーナーを前に、同校の和田孫博校長は懐かしそうにこう振り返る。和田校長は同校出身。同級生には異才の作家、故中島らも氏がいた。

 好成績で灘中に合格したが、バンド活動に明け暮れ、「有名大学なんか行かなくても生きていける自信があったんでしょうね。勉強は全然しなかった」(和田校長)。大半の友人が東大や京大、他の国立大学の医学部に進学するなか、道を外れた。しかし、和田校長ら灘の同級生たちは中島氏の晩年までよくつきあったという。

 「灘の同級生はとにかく個性的で、バラバラなんだけどなんか仲がいい。刺激的だからじゃない。やはり関西なのか奇人変人でも、おもろいやつなら大歓迎という雰囲気がある」。同校OBの大西賢・日本航空会長はそう話す。

出世ナビ新着記事

ALL CHANNEL