ビジネスではアウト 幼稚に聞こえる話し方ワースト3

PIXTA
PIXTA

話し方は、人の印象を大きく左右します。例えば、返答する際に、「わからないんだよね~~」「本当~~?」といったように語尾を伸ばすと、幼稚で頭が悪そうに聞こえてしまうものです。

では、語尾を短くするとどうなるでしょうか。「わからないのですが」「本当ですか?」……幼稚さは消え、知的な印象になります。

伝えたいことは同じでも、語尾が伸びているか否かで受ける印象が大きく変わるのです。敬語を正しく使ったり、四字熟語や慣用句などを学ぶのも大切ですが、まずは、語尾が伸びていないかどうか、自分の話し方を確認してみましょう。

幼稚に聞こえる話し方「ワースト3」

イメージを伝える「○○っぽい」「……みたいな」や、ていねいに伝えているつもりで口にする「企画書のほうをお持ちします」「きょうとか……、お時間いただけますか?」、ら抜き言葉の「見れますか?」「出れますか?」なども、幼稚に聞こえる話し方です。

イメージを伝えたいならば、「○○に似ている」「私の印象では○○に近い」など、ビジネスの場にふさわしい言葉を選びましょう。

ていねいに伝えたいという思いは理解できますが、「企画書のほう」の「ほう」とは、何でしょうか? 「○○のほう」という表現がクセになっている人は驚くほど多いです。コンビ二で買い物をした際も、「おつりのほうは」と言われたことがありました。「ほう」をつけるとていねいになると錯覚している方が少なくないようです。

「お名刺のほう、いただけますでしょうか?」という言い方をパーティーの席で耳にしたことがありますが、年配の相手は困惑していました。「ほう」は方角や向きを示す時に使うものと理解しましょう。

また、「きょうとか」の「とか」は、自信のなさや曖昧さの表れ。こんなふうに話をされたら、きちんと相手する気がうせてしまいます。

ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
出世ナビ記事アーカイブ一覧