SMAP紅白出場を熱望、NHK会長

「あれだけのグループ。当然、出場してほしい」。NHKの籾井勝人会長が8日、定例記者会見で、12月31日に解散が決まっている人気アイドルグループSMAPの紅白歌合戦への出場を熱望した。

NHK放送センター(東京都渋谷区)
NHK放送センター(東京都渋谷区)

発言は今年の紅白歌合戦についてのやりとりの中で飛び出した。籾井会長は「12月31日は紅白の日。(SMAPにも)出て解散という気持ちもあるのではないかと思っている」とやや軽い口調で話した後「真面目な話をすれば、ファンの方にどうやってこれまで支えてくれたお礼をするか考えていると思う。その舞台が紅白になれば私としては幸せ」と語った。

直接、SMAPやジャニーズ事務所と交渉することもあり得るのかと問われると「もし私が出て行って効果があるなら出て行くこともいとわない」と積極的な姿勢を見せた。現在、紅白の出演者については白紙の状態で、今後、コンセプトや視聴者の要望を見極めながら選考を進める。

今年の紅白から2019年の「第70回紅白歌合戦」までの番組テーマは「夢を歌おう」に決まった。東京五輪開催に向けて「歌の力で様々な世代の人の夢を応援していく」と籾井会長。さらに国内だけでなく、世界の視聴者も楽しめるよう日本の強みである映像技術や人気キャラクターなどを生かした番組作りを進めていくという。籾井会長は来年の1月24日に任期が終了する。

エンタメ!連載記事一覧