G1初の外国人V ケニー・オメガが変える新日本マット

ケニー・オメガ選手の必殺技「片翼の天使」 (C)広く。
ケニー・オメガ選手の必殺技「片翼の天使」 (C)広く。

26年目の開催となった新日本プロレスリング恒例の真夏の祭典、シングルマッチリーグ戦「G1クライマックス」に、初めて外国人選手の優勝者が誕生しました。歴史を動かしたのは吸い込まれるような青い目をしたカナダ出身のプロレスラー、ケニー・オメガ選手です。年初の選手大量離脱で揺れた新日本プロレスでしたが、終わってみればその穴を全く感じさせない熱狂のG1でした。

オメガ選手が日本でのキャリアをスタートさせたのは独立系団体、DDTプロレスリングです。現在国内外のリングで注目を集める飯伏(いぶし)幸太選手とタッグチーム「ゴールデン☆ラヴァーズ」を結成、破天荒でパワフルなファイトスタイルと陽性なキャラクターがファンから愛されました。2014年に新日本プロレスに移籍してからは一転、クールな悪役レスラーに変貌し、現在はヒールユニット「バレットクラブ」のリーダーとして活躍中です。

「片翼の天使」で後藤洋央紀選手は脳天からマットに沈んだ(以下、撮影は苅谷直政)

オメガ選手の優勝は新日本プロレスのリングに決定的な変化をもたらしたように思います。それは「個」の時代から「チーム」の時代への移行です。

棚橋弘至、中邑真輔、オカダ・カズチカ、AJスタイルズのそろった昨年までの新日本プロレスは、今振り返るとごく限られたスターにのみ強くスポットライトが当たる「個人」の時代ではなかったでしょうか。この4選手ならばどの組み合わせでも品質保証済み、ひいきに関係なくすばらしい試合を見せてくれたことをファンは讃えました。ただ、どのユニットが抗争していたかの印象は薄くなりました。

昨年のG1でAB各ブロック公式戦のトリを務めたのはまさにその4選手でした。対して今年はというと、現行のユニット(ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン、バレットクラブ、CHAOS、本隊)のリーダー4人がその役割を担っています。ここ1年で一気にトップ戦線に食い込んだロス・インゴの中心人物、内藤哲也選手。それに続いてAJ選手からリーダーの座を引き継いだオメガ選手がついにG1で躍進しました。その結果、現時点で新日のリングは「ユニットのリーダー=4強」というわかりやすい体制になっています。

「バレットクラブ」の盟友だったAJスタイルズ選手の必殺技「スタイルズクラッシュ」を仕掛ける
エンタメ!連載記事一覧