格安SIM速度ランキング トップにFREETEL

日経トレンディネット

日経トレンディネット

NTTドコモなどの大手携帯電話会社(大手キャリア)よりも通信料金が安いことから人気を集める「格安SIM」。格安SIMの通信エリアは設備を提供するNTTドコモやauと変わらず、また通信速度もNTTドコモと同じ「最大375Mbps」とうたう格安SIMもある。

だが、最大通信速度はあくまでもカタログ上の数値であり、実際はこれよりも遅くなる。特に格安SIMの通信速度は、ネットワークの帯域や設備の状況、時間帯や地域性などの影響を受けやすい。そのため、同じNTTドコモの通信網を使っている格安SIMの間でも、通信速度が異なるのだ。

そこで格安SIMの通信速度の実態を探るべく、格安SIMを実際に契約して2016年7月上旬に通信速度を測定した。対象としたのは、「IIJmio」「楽天モバイル」「イオンモバイル」「OCN モバイル ONE」「U-mobile」「BIGLOBE SIM」「mineo(Dプラン)」「FREETEL SIM」の8つの主要なサービスだ。

速度を測定した場所は、人口密集地である都内の新宿駅周辺と秋葉原駅周辺、および地方都市の長野県佐久市佐久平駅周辺の3カ所。通信速度が出やすい平日の朝9時台と、通信速度が遅くなる平日の昼12時台に測定した。実施日は都内の2カ所が7月8日(金)、佐久平駅周辺が7月4日(月)となる。

測定にはASUS(エイスーステック・コンピューター)の「ZenFone 2 Laser(ZE601KL)」を使用した。通信速度の計測にはイードの「RBB TODAY SPEED TEST」を用い、各地点にて5回計測した速度の平均値を算出。5回のうちの最大値と最小値も紹介する。

ただし、速度測定アプリでは設備が発揮できる最大の速度しか計測していない。格安SIMではアプリごとに通信帯域を調整する場合もあることから、アプリでの測定結果と実使用での速度結果とが一致しないこともある。

そこで実際の利用環境の例として、YouTubeの動画再生時における通信速度を記録した。AndCreateの「通信量・通信速度モニター」を用いて1秒ごとの最大通信速度を画面上に表示した状態で動画を再生し、その様子を録画することで再生中の通信速度を記録した。

YouTubeでの速度は、アプリで算出された通信速度と比べやすくするため、毎秒の通信速度を集計して、動画の読み込みが終了するまでの平均速度を算出した。こちらの数値も参考にしてほしい。

朝9時台の速度は?

まずは通信速度が出やすい朝9時台における、各地点の通信速度を見てみよう。下の表に、東京・新宿駅周辺、東京・秋葉原駅周辺、長野・佐久平駅周辺で測定した通信速度をまとめた。

なお、平均速度の項目は水色で強調し、最も速い数値は赤、最も遅い数値は青で色分けしている(以降も同様)。

都内では7月8日に測定を実施。5月よりも外国人観光客の姿が目立ち、朝9時台から駅周辺は混雑していた(新宿駅南口前にて撮影)

まずは東京・新宿駅周辺の朝9時台における結果から見てみよう。速度測定アプリの平均速度は下りが23.53Mbps、上りが12.30Mbpsだった。5月10日に実施した前回の測定では下りが34.10Mbps、上りが14.99Mbpsだったので、上り下りともに遅くなっている。YouTube再生時の下り平均速度は4.89Mbpsとなった。

最も速かったのはBIGLOBE SIMで、下り通信速度は平均で55.15Mbps、最大で84.71Mbpsという今回の最高速度を記録している。YouTube再生時の平均速度もBIGLOBEが最も速い7.43Mbpsという結果となった。

一方、最も遅かったのはmineo(Dプラン)の下り平均1.94Mbps。YouTubeの再生時も平均2.07Mbpsにとどまった。5月の調査では平均でも50Mbps台を記録していただけに、落ち込みが大きい。

東京・新宿駅周辺(7月8日 朝9時台)の測定結果

次は東京・秋葉原駅周辺だ。朝9時台のアプリの平均速度は、下りが26.58Mbps、上りが20.65Mbps。前回は下りが28.27Mbps、上りが12.62Mbpsだったので、下りはほぼ変わらず、上りは速くなっている。YouTube再生時の下り平均速度は5.99Mbpsだった。

最も速かったのはOCN モバイル ONEで、下り平均47.79Mbps、最大で77.51Mbpsを記録。イオンモバイルも好調で、東京・新宿駅周辺に続き東京・秋葉原駅周辺でも安定して40Mbps台を発揮していた。

東京・秋葉原駅周辺(7月8日 朝9時台)の測定結果

一方、最も遅かったのはここでもmineoで、下り平均速度は6.64Mbpsだった。ただ、YouTube再生時の平均速度は全体の平均を上回っており、実用上問題となる速度ではなかった。

筆者が居住する長野県佐久市では7月4日に測定。平日の人通りは少ないが、周辺にはイオンモールや都市公園などのスポットが集中する(佐久平駅蓼科口前にて撮影)

続いて長野・佐久平駅周辺の結果を見てみよう。朝9時台の速度測定アプリの平均速度は下りが15.00Mbps、上りが5.01Mbps。前回は下りが14.78Mbps、上りが9.0Mbpsだったので、上りが遅くなっている。YouTube再生時の下り平均速度は4.69Mbpsで、都心とほぼ同じ結果となった。

最も速かったのはBIGLOBE SIMで、速度測定アプリの下り平均速度は21.24Mbps。YouTube再生時の下り平均速度も7.64Mbpsでトップだった。最も遅かったのはU-mobileで、下り平均速度は8.86Mbps、YouTube再生時の下り平均速度は2.61Mbpsだった。

長野・佐久平駅周辺(7月4日朝 9時台)の測定結果

朝9時台はイオンモバイルに軍配

下の表に、朝9時台の3地点における各社の平均値をまとめた。

3地点(朝9時台)の平均値

3地点全体の平均速度は下りが21.70Mbps、上りが12.65Mbps。YouTube再生時の下り平均速度は5.19Mbpsとなった。

3地点全体で最も速かったのはイオンモバイルで、速度測定アプリの下り平均速度は34.81Mbps。BIGLOBE SIMはYouTube再生時の下り平均速度が7.19Mbpsでトップだった。

一方、最も遅かったのはmineoで、速度測定アプリの下り平均速度は6.76Mbps。前回5月の朝9時台における下り平均速度は34.75Mbpsだったので、5分の1以下に低下したことになる。

混雑する昼12時台の速度は?

続いて、昼12時台の通信速度を見てみよう。下の表は、昼12時台に東京・新宿駅周辺、東京・秋葉原駅周辺、長野・佐久平駅周辺で測定した通信速度をまとめたものだ。こちらも最も速い数値は赤字で強調した。

まずは東京・新宿駅周辺の昼12時台における結果を見てみよう。アプリの平均速度は下りが6.58Mbps、上りが18.40Mbpsで、YouTube再生時の下り平均速度は1.08Mbpsだった。朝9時台にアプリで下り平均55.15Mbpsを記録したBIGLOBE SIMは、昼12時台は11.07Mbpsまで速度を落としている。

東京・新宿駅周辺(7月8日昼12時台)の測定結果

最も速かったのはFREETEL SIMで、平均速度は下りが23.85Mbps、上りは21.15Mbps。朝9時台は下りが11.40Mbps、上りが3.28Mbpsだったので、昼12時台のほうが速いという結果に。YouTube再生時の下り平均速度も2.05Mbpsで最速だった。

最も遅かったのはmineoで、アプリの下り平均速度は0.40Mbpsとかなり厳しい。YouTube再生時の下り平均速度も0.60Mbpsで、一番遅かった楽天モバイルの0.59Mbpsとほぼ同じだった。

なお、U-mobile、OCN モバイル ONE、mineoでは、YouTubeの再生が途切れがちだった。特にOCN モバイル ONEでは、1分間の動画を再生し終わるまでに1分半を要した。

次は東京・秋葉原駅周辺だ。東京・新宿駅周辺よりも速度の落ち込みが激しく、アプリの平均速度は下りが3.36Mbps、上りが13.75Mbps。YouTube再生時の下り平均速度もかなり遅い0.51Mbpsだった。

東京・秋葉原駅周辺(7月8日 昼12時台)の測定結果

最も速かったのは東京・新宿駅周辺と同様FREETEL SIMで、下りの平均は19.18Mbps、上りは22.16Mbps。朝9時台に最速だったOCN モバイル ONEは下りが0.57Mbpsまで激しく落ち込んでおり、昼12時台は苦手のようだ。

最も遅かったのはU-mobileで、下り平均速度は0.30Mbps。YouTube再生時の下り平均も0.21Mbpsで一番遅かった。ただし上りの平均速度は好調で、FREETEL SIMを上回る22.25Mbpsを記録している。昼食の写真をSNSに投稿するなど、お昼の時間帯はアップロードに向いているかもしれない。

YouTubeの平均速度は新宿駅周辺よりも厳しいものの、再生が途切れたのはU-mobile、OCN モバイル ONE、mineoの3社のみ。特にOCN モバイル ONEは頻繁に読み込みが中断されてしまい、再生し終わるまでに2分半もかかった。

最後に長野・佐久平駅周辺の結果を見てみよう。平均速度は下りが5.24Mbps、上りが4.13Mbps。YouTube再生時の平均速度は0.75Mbpsとなった。

長野・佐久平駅周辺(7月4日昼 12時台)の測定結果

最も速かったのはFREETEL SIMで、下りの平均は22.34Mbps、上りは7.36Mbps。YouTube再生時の下り平均も1.06Mbpsで、トップのIIJmioとほぼ変わらなかった。

最も遅かったのはU-mobileで、下りの平均速度は速度測定アプリもYouTube再生時も0.27Mbps。上りは平均をやや上回る5.74Mbpsだった。

速度測定アプリによる結果は都心を下回ったが、YouTubeの再生はスムーズだった。OCN モバイル ONE、U-mobile、mineoの3社は再生が何度も途切れてしまったが、他の5社はほぼ途切れることなく最後まで再生できた。

昼12時台はFREETEL SIMに軍配

下の表に、昼12時台の3地点における各社の平均値をまとめてみた。

3地点(昼12時台)の平均値

3地点全体のアプリの平均速度は下りが5.06Mbps、上りが12.09Mbps。YouTube再生時の下り平均速度は0.78Mbpsだった。朝9時台に比べると上りはほぼ同じだが、下りには4倍の開きが生じている。

最も速かったのは3地点すべてで好調だったFREETEL SIMで、アプリの平均速度は下りが21.79Mbps、上りが16.89Mbps。YouTube再生時の下り平均速度も1.25Mbpsという結果に。8.41Mbpsで下りが2位の楽天モバイルとは大きな開きがあり、昼12時台はFREETEL SIMの独壇場だ。

一方、最も遅かったのは、朝9時台に引き続きmineoという結果に。アプリの平均速度は下りが0.39Mbps、上りが11.21Mbps。YouTube再生時の平均速度は0.46Mbpsだった。

なお、IIJmio、楽天モバイル、イオンモバイル、BIGLOBE SIM、FREETEL SIMでは、昼12時台でもYouTubeの動画を途切れることなく再生できており、実用に耐えうる速度だった。

どの格安SIMが速かった?

では、一番速かったのはどの格安SIMなのだろう。速度測定アプリで計測した朝9時台と昼12時台の下り通信速度の平均値を算出し、上位3つの格安SIMをピックアップしてみよう。なお、前回5月の調査では1位がイオンモバイル、2位がmineo、3位がIIJmioだった。

速度測定・総合順位ランキング

今回、速度測定アプリの結果が最も優秀だったのは、FREETEL SIMだ。他社の速度が大幅に遅くなる昼12時台でも20Mbps前後の下り通信速度をキープしたことから、全地点・全時間帯の平均で19.33Mbpsという結果に。地域性や時間帯に左右されず、安定した通信速度を発揮していた。

2位のBIGLOBE SIMと3位のイオンモバイルは、いずれも18Mbps台の平均速度を記録した。好調な朝9時台に対して昼12時台は落ち込むものの、YouTube再生時の下り平均速度はFREETEL SIMを上回っており、実用面では負けていない結果となった。

一方、前回5月の測定では2位と好調だったmineoは速度低下が激しかった。前回は全地点・全時間帯における下り平均速度が総合2位の18.34Mbpsだったが、今回は最も遅い3.58Mbpsに低下している。

大幅な落ち込みとなった理由についてmineoの担当者に尋ねたところ、「6月末から7月初旬にかけての需要が予想を大きく上回り、ネットワークの増強が追い付かなかった」との回答を得た。これを受けて大幅なネットワークの増強を実施し、速度低下の解消を図るとしている。

今回のように、ある時期には快適な通信ができた格安SIMでも、ユーザーの急増によって予想を上回る量のデータ通信があれば通信速度の低下を招くことになる。

通信会社のなかには、設備増強の実施を報告したり、継続的なネットワーク設備の増強をアピールしたりしているところもある。快調な通信速度が維持されるのか、あるいは低下した通信速度が回復するかどうかは、こうした継続的な設備増強の有無がひとつの判断材料になるだろう。

(ライター 松村武宏)

[日経トレンディネット 2016年7月27日付の記事を再構成]

MONO TRENDY連載記事一覧