MONO TRENDY

デジタル・フラッシュ

Win10への無償更新、7月29日を過ぎたらどうなるか

日経トレンディネット

2016/7/23

2016年7月29日を過ぎると「Windows 10にアップグレードしませんか?」という通知が出なくなるはず
日経トレンディネット

 Windows 7/8.1からWindows 10への無償アップグレードの期限がいよいよ2016年7月29日に迫ってきている。以前の記事では、アップグレードの予約をキャンセルする方法を紹介した(関連記事:「予約」「予定」は大違い Win10キャンセルの勘所)。ではWindows 10にアップグレードしないとどうなるのだろうか。

■更新を促す情報は消える

○起こること(1)「Windows 10を入手する」は消える

 まず、7月29日を過ぎると、これまでWindows 7/8.1のタスクバーにいた「Windows 10を入手する」アプリは表示されなくなるはずだ。もちろん、「アップグレードしろ」という通知もなくなる。マイクロソフトとしては、無償アップグレード期間が終わったらアップグレードを推進するのではなく、Windows 10搭載デバイス(パソコンやタブレットなど)の販売に力を入れていく予定だ。

○起こること(2)Windows 7/8.1ユーザーはサポート期限に注意すべし

 Windows 7/8.1のユーザーの日常は変わらない。ただし、OSのサポート期限には気をつけなければならない。

 延長サポート期限が切れると「セキュリティ更新プログラム」が提供されず、ぜい弱性の修正が行われなくなる。どういうことかは、2014年4月のWindows XPサポート終了時の騒ぎを振り返って、「XP」を「7」や「8.1」に置き換えてみると参考になりそうだ。コンピューターウイルスなどを使った犯罪に狙われやすくなったり、自分のパソコンを踏み台に他者への攻撃に使われる恐れがあったりと、危険にさらされた状態になる。

○起こること(3)アップグレードにお金がかかるようになる

 無償アップグレードの期限が過ぎてからアップグレードしたくなった場合は、有料のWindows 10を購入してインストールしなくてはならない。

 価格はWindows 10 Homeで1万9000円以上、Windows 10 Proなら2万7000円以上する。これまでのWindowsでは割安なアップグレード版が販売されていたが、Windows 10にはそれがない。コストはこれまで以上にかかることになるだろう。

■一度アップグレードしてから元のOSに戻す方法も

 アップグレードに興味はあるけれど、使っている周辺機器やソフトが使えるかどうか分からなくて不安という場合は、取りあえず一度、Windows 10にアップグレードしてみる方法がある。Windows 10では、アップグレードした後でも1カ月間は元のOSに戻せるので、試用と思ってアップグレードしようというわけだ。

Windows 10にアップグレードした後、元のOSに戻すには、Windows 10のスタートメニューを開いて、左下にある「設定」をクリックする
「設定」が開いたら、「更新とセキュリティ」をクリックして開く

「更新とセキュリティ」が開いたら、ウインドウ左側のメニューで「回復」をクリックする。ウインドウの右側に元のOSに戻す項目(この場合は「Windows 8.1に戻す」)が表示されるので、そこにある「開始する」をクリックする
戻す理由を聞かれるので、どれかにチェックを入れて「次へ」をクリックすると、元のOSに戻す作業が始まる

 この場合、無償アップグレード期限が終わった後に再度アップグレードする場合に備えて、USBメモリーかDVDにWindows 10のインストール用媒体を作っておこう。マイクロソフト提供のメディア作成ツールで作成できる。

■マイクロソフトはなぜWindows 10への移行を急ぐの

 アップルのOS XやiOS、グーグルのAndroidなど、最近ではOSのアップグレードを無償で提供するのが当たり前になっている。これはOSを販売するよりもアプリやサービスで継続的に収益を上げるビジネスモデルに変化してきたためだ。Windows 10へのアップグレードが1年間の期限付きとはいえ無償で提供されたのも同様の理由と考えられる。

 マイクロソフトがWindows 10を提供開始するときに見せた将来図によると、目指しているのは10億台のWindows 10デバイスが稼働する世界。そこではAndroidやiOS用のアプリが取り込まれ、パソコン、スマートフォン、組み込み機器、ホロレンズなどさまざまな機器でWindows 10が動作しているというものだ。

 現在、稼働しているWindows 10デバイスの数は3.5億台以上だという。リリースから1年弱で目標の1/3を超えた状態だが、1年間の無償アップグレード期限が終わった後にどんな施策で普及させていくのか、マイクロソフトの動向に注目だ。

16年7月4日に行われたファーウェイのWindowsタブレット「MateBook」発表会にゲストとして登壇した日本マイクロソフトから発表された最新の数字。稼働デバイスは3.5億台を超えたところだという
今後の注目は、無償アップブレード期限終了後の16年8月2日からリリースされる1周年記念の大型アップデートだ。ペンを生かす手書き機能のWindowsインクの実装、アシスタント機能「Cortana」(コルタナ)の強化などが予告されている

(IT・家電ジャーナリスト 湯浅英夫)

[日経トレンディネット 2016年7月15日付の記事を再構成]

MONO TRENDY新着記事

ALL CHANNEL