MONO TRENDY

モノ・フラッシュ

マッサージチェア「匠の技」最前線、AI搭載機も

2016/7/3

ファミリーイナダが6月29日発表した人工知能搭載のマッサージチェア
マッサージチェアが大きな進化を遂げている。センサーで肩の位置を的確につかみ、モミ玉のほかにエアバッグも使って、全身を心地よくもみほぐす。最近はストレッチ機能も加わり、ITで疲れた現代人の心身をいやしている。

1954年に日本で誕生し、日本人の繊細さが生かされた家電。現在のマッサージチェアは「今までと全く異なる」と言いきってもいいほど進化し、現在もなお継続中だ。

■体格に合わせモミ位置調整

あおむけの姿勢をとることで、腰を含む体全体のマッサージが可能になった

以前はモミ玉の動きに工夫を凝らすのが主だった。マッサージチェアが対応する部位は首、肩、そして腰の上部。肩たたき、肩もみの延長線上だったといえる。ところが1990年代後半からエアバッグによる包み込むような圧押し、リクライニングの導入、肩位置センサーの導入が進んで大きく変わった。

現在のモデルは、次の特徴を持つ。(1)肩位置センサーで、かなり身長が違っても自動的にモミ玉の位置を合わせ、その人の体格に合わせたマッサージをする(2)リクライニングさせ、首から足裏まで全身を連続してマッサージする(3)もみほぐすだけでなく、ストレッチをおこなう――この3つである。

(1)と(2)はマッサージ師が行う「手もみ」に近いほぐしが目的だが、(3)のストレッチで、マッサージチェアは、現代人の健康を支える可能性を手に入れた。

精巧に作られた現代のモミ玉

現代、パソコンやスマートフォンを長く使うための肩こり、頭痛、また仕事のストレスによる疲労はひどい。伸びをする程度の運動では不十分。しかしストレッチ機能があると機械任せで、しかも適切にできる。筋肉に負荷も掛かるので適度な運動ともいうことができ、健康寿命にもプラスになるといわれる。

ただしマッサージチェアは、旧薬事法である医薬品医療機器法(薬機法)の医療機器(クラス2)に当たり、今販売されているマッサージチェアは、薬機法の認証を受けている。このため、訴求できる効能は「疲労回復」「筋肉の疲れをとる」「神経痛、筋肉痛の痛みの緩解」「血行をよくする」「筋肉のコリをとる」の5つだけ。効果をアピールできないストレッチなどは、あまり認知されていない。

■使い心地は試して選んで

フジ医療器「サイバーリラックス AS―780」 今年5月発売。オープン価格=税抜き33万円前後。幅680ミリ×奥行き1290ミリ×高さ1070ミリ(リクライニング時は幅780ミリ×1990ミリ×790ミリ)。フルモミ玉仕様で、イタ気持ちいいモミ心地が特徴。

主要メーカーはフジ医療器、ファミリーイナダ、パナソニックの3社。コリをほぐし体を楽にするという目的に対し、メーカーごとにアプローチが違うため、似たように見えてもモミごこちはかなり異なる。フジ医療器は人によってコリが違うことを重視。使う人ごとに最適化しやすい設計だ。ファミリーイナダは毎日使ってもらうことを狙い、標準コースに重きをおく。パナソニックは手もみの再現にロボット工学を生かすという具合だ。このため購入時は実際に体験してみることが必須だ。

パナソニック「リアルプロ EP―MA97M」 8月発売予定。オープン価格=税抜き50万円前後。幅900ミリ×奥行き1300ミリ×高さ1150ミリ(リクライニング時は幅900ミリ×奥行き2000ミリ×高さ720ミリ)。足の裏、おしりのもみほぐしに自信あり。

モデル差はあるが、価格は、月2回マッサージに通う人だと2年程度で元が取れるレベル。マッサージチェアは余裕で10年は使えるので、モミのバリエーションの多い中機種から高機種がお薦めだ。ちなみに高機種の方が、いろいろなモミ技が搭載されており、より多様なニーズに合わせやすい。近年はデザイン性も上がっており、リビングに置いても違和感がない。

実際に購入すると、短時間でも使えるのが大きなメリットとなる。例えば朝、ストレッチをすると体が温まって動きやすいなど、充実した生活を支える。今後、健康寿命を長くすることが必要とされているが、それをバックアップしてくれる強力な相棒ともいえる。

◇   ◇

■AI搭載、張り具合で強さ調整

ファミリーイナダ「ルピナスFMC-LPN10000」 8月投入予定。5年契約となる「レンタルクレジット」のみ。毎月税抜き7900円×60回(WiFiモデル、健康管理サービスを含む)。幅910ミリ×奥行き1400ミリ×高さ1100ミリ(リクライニング時は幅91ミリ×奥行き2000ミリ×1100ミリ)

ファミリーイナダが6月29日発表したマッサージチェア「ルピナスFMC-LPN10000」(8月投入予定)は、初めて人工知能(AI)を搭載した。個人の体形や筋肉の張り具合を自動検出し、それに合わせた強さでもみほぐしを実現したという。あらゆるモノがネットにつながる「IoT」にも対応。脈拍、体重、血圧などの健康データをネット管理することができる。

(家電評論家 多賀一晃)

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
サントリー天然水 成長の原点は「首掛けPOP事件」
日経クロストレンド
日本初「カチッと鳴る」歯ブラシ ライオンが開発
日経クロストレンド
ダイソー本格100円コスメ 僅か2カ月で400万個突破
日経クロストレンド
30代前半で世帯年収1000万超 好きなブランドは?
ALL CHANNEL