エンタメ!

エンタな話題

AKB総選挙、底力みせた指原 「1票の価値」は低下 若手台頭 見えた希望と課題

2016/6/18

写真撮影に応じる、AKB総選挙で上位16位に入った選抜メンバー(写真、武藤邦雄)

新潟の夜空に大きな歓声があがった。18日、新潟市のハードオフ・エコスタジアムで開かれた「AKB48 45thシングル選抜総選挙」で指原莉乃(HKT)が2年連続の1位となった。速報2位からの鮮やかな逆転。受賞のスピーチで「私もこの1位で3回目の1位になります。どうか、私を1位として認めてください」とファンに呼びかけた。今回の選挙戦ではアイドルとしては個性が際立つ指原に対し、「2連覇はさせたくない」という心理から渡辺麻友優位の見方もあった。議会選挙でみられる、大きく揺れ動く振り子のように政界の勢力図が一変する「振り子現象」が、AKB総選挙でも続いてきた。過去にだれもなしえなかった2連覇。指原は頭の回転の良さを生かしてテレビのバラエティー番組で活躍しており、人気と知名度で他を圧倒した。底力をまざまざとみせつけた。

■ファンの熱気変わらず

AKB48シングル選抜総選挙
歴代のトップ3と獲得票数
1位2位3位
第1回
2009年
前田敦子大島優子篠田麻里子
第2回
2010年
大島優子前田敦子篠田麻里子
第3回
2011年
前田敦子大島優子柏木由紀
第4回
2012年
大島優子渡辺麻友柏木由紀
1088377257471076
第5回
2013年
指原莉乃大島優子渡辺麻友
150570136503101210
第6回
2014年
渡辺麻友指原莉乃柏木由紀
159854141954104364
第7回
2015年
指原莉乃柏木由紀渡辺麻友
194049167183165789
第8回
2016年
指原莉乃渡辺麻友松井珠理奈
243011175613112341

AKB48公式サイトより

今回は272人が立候補した。この日の来場者はコンサートが約3万人、開票イベントが約3万人。新潟市が試算した経済波及効果は15億6千万円。創設時からグループを引っ張ってきた高橋みなみが卒業するなど人気メンバーが次々と卒業を発表したり、総選挙への立候補を見送ったりした。AKB人気の陰りが指摘されるが、ファンの熱気はまだまだ衰えていない。

2位は渡辺麻友(AKB)。速報では1位。昨年の3位から浮上したが、元女王としてはやはり1位が欲しかっただろう。受賞後のスピーチにやはり悔しさがあらわれていた。それでも1回目の総選挙からすべて7位内の「神7」を続けているメンバーは彼女だけだ。昨年のスピーチではテレビの中継時間を気遣い、短くまとめた。その気配りに心を打たれたファンも多い。3位に入ったのは松井珠理奈(SKE)。スピーチで「あと5年は卒業しませーん」と現役続行を宣言した。4位の山本彩(NMB)は昨年のNHKの連続テレビドラマ「あさが来た」の主題歌「365日の紙飛行機」をAKBのセンターとして歌い、一般的な知名度も飛躍的に向上した。CM出演も増えている。ファンへの対応も抜群で、握手会で彼女のレーンはいつも長蛇の列。握手人気なら間違いなく、一番だろう。

選抜総選挙で1位になり、トロフィーを掲げる指原莉乃(右) (写真、武藤邦雄)

須田亜香里(SKE)が7位で選抜に返り咲き。前年は18位で3年連続の選抜入りを逃し、号泣でスピーチをした。その悔しさを晴らした。総監督、横山由依(AKB)は11位。次世代エース、向井地美音(AKB)も前年の44位から大きく順位を上げて、13位。ご当地のNGT48からも加藤美南が76位と、プロパーメンバーとして初めてランクイン。この日発表されたNGTのメジャーデビューと二重の喜びとなった。また、人気メンバーで1期生の小嶋陽菜(AKB)がグループから卒業を発表した。

■第1党は「AKB」

発表された80位までに各グループから何人ランクインしたのか。「議席数」でみると、第1党はAKBで28人だった。

総選挙にかけるファンの熱意は相当なものだ。投票期間中、CDに付いていた投票権はネットオークションで前年と同じ1枚800円前後で取引されていた。総選挙はこれまでミニコンサートの後に開票イベントという構成だったが、今年はコンサートと開票イベントを完全に分けた。チケットも別々だ。2つのイベントの通し券は大人で1万7600円。イベントの時間も異なるため単純比較はできないが、2つのイベントをみるファンの支出は前年の2倍になった。それでもファンはついてきた。

■1票の価値は低下

1位指原莉乃が獲得した24万3011票。前年に自身が獲得した19万4000票から25%増えた。総選挙の規模が拡大するにつれ、年々投票数が増えている。80位でも1万を超え、個人の1票ではどうにもならない数字。ファンにしてみれば「自分ががんばって投票してメンバーの順位を押し上げた」という達成感が薄れてくる。規模の拡大にルール改正が間に合っていない。「規模に見合ったルールの再設定が必要になる」との声が増えている。

今年の総選挙から当日投票券という制度も始まった。昼のコンサートを購入した人に1枚投票券が配られたのだ。前日までの投票に合算された約3万票はどう結果に左右したのか。会場にいたファン20人に聞いたところ、事前に投票していたメンバーと同じという人が圧倒的だった。「コンサートのパフォーマンスをみて決めた」という人も一部にいたが、あまり選挙結果を左右する効果はなかったようだ。ファンが応援するモチベーションをどう保っていくのか、新しい仕掛けが必要になってくる。

若手メンバーの台頭で、ここ数年の課題だった「世代交代」が名実ともに実現しつつある。選抜にも4人が初めて名を連ねた。ただ、コアなファン以外に顔と名前がどれだけ浸透しているだろうか。メンバーの小粒化も指摘されている。2位の渡辺麻友はスピーチで「今、AKBはピンチだと思う」と危機感を強調した。若手メンバーも十分それを自覚しており、「AKBの第2章をひっぱって、AKBを進化させていけたらいい」(武藤十夢=AKB)などのスピーチが相次いだ。昨年12月に創設10年の節目を過ぎたAKB。さらなる飛躍に向けて手応えとともに、課題もみえた総選挙だった。(村野孝直)

エンタメ! 新着記事

ALL CHANNEL