WOMAN SMART

キャリア

転職後は要注意、病気や出産の手当金をおさらい

日経ウーマンオンライン

2016/5/30

PIXTA
日経ウーマンオンライン

こんにちは。社会保険労務士 佐佐木由美子です。2016年4月から、病気や出産で働けないときにもらえるお金の計算方法が変わりました。特に注意したいのは、転職後のケースですが、どのように変わったのでしょうか。

■傷病手当金、出産手当金の計算方法が変更に

私たちが業務外の病気やケガで仕事を休み、給与を受けられないときは、申請によって「傷病手当金」を受けることができます。これは、会社等に勤務して健康保険に入っている被保険者とその家族の生活を保障するため設けられている制度で、一般に会社を経由して健康保険組合へ申請をします。

また、傷病手当金と同じように、健康保険に入っている被保険者が、出産前後における一定期間において出産のために仕事を休み、給与が受けられないときは、申請により「出産手当金」を受けることができます。

いずれも働く人たちをいざというときに守ってくれる制度で、年間を通して数多く申請されている手続きです。2016年4月1日より、「傷病手当金」と「出産手当金」の計算方法が改正されました。

これまでは、休んだ日の標準報酬日額に3分の2を乗じて、1日あたりの支給額が決められていました。たとえば、休んだ日の標準報酬月額(わかりやすくいうと平均給与)が30万円の場合、6667円が1日あたりの支給額となります。

2016年4月1日からは、支給開始日以前の継続した12カ月の標準報酬月額を平均した額をもとに、算出されるようになりました。

1日あたりの額 =【支給開始日以前の継続した12カ月間の各月の標準報酬月額を平均した額】÷30日×2/3

たとえば、休んだ日の標準報酬月額が30万円であっても、一番はじめに支給された日を含む月から過去12カ月間の標準報酬月額を平均した額が低ければ、支給額も下がってしまうことになります。

具体的なケースで考えてみましょう。2016年6月15日から、出産のために産前休業に入ることになってお休みするとします。この場合、6月以前の12カ月(2015年7月~2016年6月)の各月の標準報酬月額をまず確認します。2015年7月~8月までの2カ月間は、標準報酬月額が26万円、9月以降は昇給によって30万円だったとします。これを計算式にすると、以下のようになります。

(26万円×2カ月+30万円×10カ月)÷12カ月÷30日×2/3=6520円

この場合、1日あたりの支給額は6520円となり、改正前とくらべると約150円低くなってしまう計算になります。出産手当金の場合、予定通りに生まれていれば産前産後で98日分ありますから、トータルで約1万4400円、これまでより下がってしまいます。ちょっと残念ですね。こうした改正が行われた背景には、不正受給の問題があったと言われています。

■入社1年未満の場合は要注意

今回の改正で、気をつけたいことがあります。それは、入社したばかりで、支給開始日以前の期間が12カ月に満たないケース。この場合、次の(1)(2)のいずれかを比べて、少ない方の額を使用して計算することになります。

(1)支給開始日の属する月以前の継続した各月の標準報酬月額の平均額

(2)協会けんぽの場合は28万円(当該年度の前年度9月30日における全被保険者の同月の標準報酬月額を平均した額)

健康保険組合によって、(2)の平均額はかなり違ってきますので、ご自分が入っている健康保険組合または会社に確認してみるとよいでしょう。

たとえば、入社して3カ月のAさんが、病気で入院し、傷病手当金を申請したとしましょう。Aさんの標準報酬月額は34万円で、協会けんぽの被保険者です。この場合、明らかに支給開始日以前の期間が12カ月に満たないため、34万円と28万円を比べて少ない方、つまり28万円をもとに1日あたりの支給額が計算されてしまうことになります。

このように、転職をして1年未満の方は、計算方法の変更に注意が必要です。また、協会けんぽの場合、転職する前も協会けんぽに入っていて、離職していた期間が原則1カ月以内であれば、転職前後の標準報酬月額を通算して計算します。協会けんぽ以外の健康保険組合については、各規約をご確認ください。

なお、これまで傷病手当金を受給していた方についても、2016年4月1日支給分からは新しい計算方法で支給額が計算されますので、その点も合わせて覚えておいてください。

佐佐木由美子(ささき・ゆみこ)
社会保険労務士。米国企業日本法人を退職後、社会保険労務士事務所等に勤務。2005年3月、グレース・パートナーズ社労士事務所を開設し、現在に至る。女性の雇用問題に力を注ぎ、「働く女性のためのグレース・プロジェクト」でサロン(サロン・ド・グレース)を主宰。著書に「採用と雇用するときの労務管理と社会保険の手続きがまるごとわかる本」をはじめ、新聞・雑誌、ラジオ等多方面で活躍。

[nikkei WOMAN Online 2016年5月3日付記事を再構成]

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
成功体験を何回積んでも「自己肯定感」が低い人の心
日経ARIA
女子バレー中田久美監督 ロス五輪は「屈辱の銅」だ
日経doors
暗闇ボクシング爆速成長 経営者は20代塚田姉妹
日経DUAL
中学受験からの撤退 挫折感を持たせない方法は?
ALL CHANNEL