法務省&吉本芸人、異例のコラボ 漫画で社会明るく

お堅いイメージの法務省と吉本興業のお笑い芸人という異例のコラボレーションが話題になっている。法務省は「社会を明るくする運動」に吉本所属のお笑い芸人、鉄拳さんのパラパラ漫画を活用する。鉄拳さんはこのほど、更生保護をテーマにしたパラパラ漫画を描き下ろし、映像化したものを7月からテレビCMや街頭、スポーツ施設などの電光掲示板で流す予定だ。

鉄拳さんはスケッチブックを活用したお笑い芸で人気があるが、最近はパラパラ漫画の制作に注力している。パラパラ漫画とは大量の紙に一コマずつ絵を描き、それを早送りすることで、動いているように見せるもの。学生時代、分厚い教科書のすみに、パラパラ漫画を描いたことがある人もいるかもしれない。

あいさつする鉄拳さん(左から2人目)ら

鉄拳さんのパラパラ漫画は芸人の余技の域をはるかに超えたプロ級で、代表作の「振り子」は日本漫画家協会賞特別賞を受賞している。福岡市の飲酒運転撲滅キャンペーンやJR西日本のホームからの転落防止活動などにも採用され、鉄拳さんのパラパラ漫画への注目度は急上昇している。

このほど描き下ろした作品は、過ちを犯した少年が保護司や地域の住人に見守られながら立ち直っていくストーリーで、これを4分弱の映像作品に仕上げた。鉄拳さんのパラパラ漫画は1秒間に6枚の絵が必要なので、約1500枚の漫画を描いたという。

法務省の主導する「社会を明るくする運動」は、犯罪や非行を犯した人たちの更生に理解を深め、犯罪や非行のない明るい社会を築くための全国的な運動で、昭和26年に始まり今年で66回目。ゆるキャラ「更生ペンギンのホゴちゃん」も登場しているが、長年やっているわりには認知度がいまひとつだった。

法務省の片岡弘保護局長は「若者層に抜群の知名度がある鉄拳さんの少年更生ストーリーは、運動の理解を深めるうえで絶好の作品になる」と語る。

鉄拳さんのパラパラ漫画は、家族や人生の転機をテーマにした、ほろっとさせるものが多い。今回の作品も非行からの立ち直りがテーマで、更生をサポートする保護司が重要な役割を果たしている。

鉄拳さん自身、保護司の存在を知らなかったが、「更生を手助けする重要な仕事を、地道に無給でやっている方が全国に5万人もいるのはすごい」と語り、制作にも力が入った。

更生ペンギンのホゴちゃんと

筆者の亡祖父も長年、静岡の田舎で保護司をしていた。刑期を終えた人が祖父を訪ねてくると、やさしく励まし、小遣いなど渡していた光景を思い出す。筆者が昔、たばこやパチンコが見つかり、学校や親にこっぴどく怒られた時、保護司の祖父は、にっこり笑って「あまり親に心配かけるなよ」と筆者の肩をポンとたたいただけだった。それで「もうやめよう」と思った。

鉄拳さんのパラパラ漫画にも、そんな無言のやさしさがある。代表作の「振り子」は、何度みても涙腺がゆるんでしまう。

(編集委員 鈴木亮)

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
エンタメ!連載記事一覧