無痛分娩ではダメですか 高齢出産の女性が関心

7月に無痛分娩で産んだ長女を抱く山田明子さん(右)=東京都世田谷区の東京マザーズクリニック

麻酔で痛みを抑えながら出産する無痛分娩。体力消耗が少ないとして、高齢出産者や仕事への早期復帰を望む女性らの間でにわかに関心が高まっている。だが欧米に比べ日本ではなかなか普及しない。お腹を痛めてこそ母性が育まれるという固定観念も壁になっている。

「おなか痛めてこそ母」の壁

「出産がすごく楽しかった」。東京都の山田明子さん(40)は満面の笑みをみせる。2013年1月に長男を産み、今年7月に長女が誕生。いずれも無痛分娩だ。勧めたのは夫。「激痛に苦しむ妻をなすすべなく見守るより一緒にお産を楽しみたい。無痛がいいよ」と妻の背中を押した。

自然分娩した友達に「痛いよ」と散々脅されたが、山田さんは初産のときも苦しみとは無縁。だんだん短くなる陣痛や産道を赤ちゃんがおりてくる感覚はあるが、痛みはほぼない。付き添った夫と産まれてくる子の名前をどうしようかと穏やかに話しながら出産を迎えたという。

山田さんが出産した東京マザーズクリニック(東京・世田谷)は12年1月に開院した無痛分娩専門医院だ。分娩件数は12年が約250件、13年は約300件と確実に増えている。埼玉や三重など他県から来院する妊婦もいる。

院長の林聡医師は産婦人科勤務を経て米国に留学。ほとんどが無痛分娩であることに驚いた。「日本では出産は痛くて当たり前。私も激痛に泣き叫ぶ妊婦に『皆、この痛みを我慢しているんですよ』と諭していた。でも冷静に考えてみれば、痛みに耐える利点は特にない」。帰国後、無痛分娩の医療技術を学び、専門クリニックを開設した。