あってよかった 社内保育所、女性復職の助けに

子育てをしながら、しっかり職場でも力を発揮したい。事業所内保育施設が、そんな女性たちの支えになっている。特に、年度途中に復帰する場合は地域の認可保育園に入るのが極めて難しいだけに、大きな助けだ。早期の復職が可能になり、女性がキャリアを築く後押しになっている。

「この施設があって本当によかった。なければ復職のめどが立たなかった」。ローソンのホームCVS事業推進部で働く佐伯奈美さん(29)は胸をなで下ろす。

安心して働ける

同社は7月、東京・品川の本社があるビル内に「ハッピーローソン保育園」を開いた。生後57日から通えて、定員は20人だ。2013年7月生まれの佐伯さんの長男は、オープン初日に入園した。

佐伯さんは自宅周辺で保育園を探してきたが、預け先は見つけられなかった。「ネットを使った宅配事業を担当しており、変化が速い。ブランクが長くなることに不安があった。子どももすぐに慣れ、安心して働くことができる」

同社は05年から新卒採用の5割を女性にする目標を掲げ、女性社員が増えた。「子どもが待機児童になって職場復帰が遅れたり、産むのをためらったりするという声が出てきた。すぐに戻ってこられるという安心感で、女性のキャリア形成を応援したい」と担当の山口恭子さんは話す。

事業所内保育施設は働く女性の大きな支えになっている(東京都港区の伊藤忠商事)

仕事と子育ての両立を目指す女性にとって、保育園確保は高い壁だ。確保できなければ予定より長く休まなければならなくなったり、仕事をあきらめたりすることになりかねない。キャリアを築く上で、大きなマイナスだ。

特に、一斉入園の時期である4月を逃すとハードルはさらに高くなる。例えば13年4月時点の待機児童数は約2万3千人だったが、10月時点には約4万4千人と倍近くに膨れあがった。早生まれなどで4月に入園できなかった子どもや、その後生まれた子どもが加わってくるためだ。

企業は女性の力を生かそうと、短時間勤務など両立支援制度を整えてきた。だが、安心できる預け先が確保できなければ、制度も生きない。事業所内保育施設が復帰に向けたセーフティーネットになっている。

男性も考える契機

伊藤忠商事の電力プロジェクト部課長補佐、寺内香織さん(40)は3月に出産し、8月に子どもを事業所内保育施設に預けて復職した。「復帰時期を決めておくことができてよかった。仕事にできるだけ早く戻りたかった」という。

寺内さんには4人の子どもがいる。1人目のときは一斉入所に合わせて復帰したが、2人目からは事業所内保育施設を利用して年度途中の復職だ。「ここがなければ、4人も産むこともできなかったかもしれない。育児をしながら働く環境を整備してくれる会社への信頼、感謝が、仕事へのモチベーションにもなっている」

ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
出世ナビ記事アーカイブ一覧