ウイスキー、琥珀色に隠れた物語を知る

ハイボール人気やテレビドラマの影響で、ウイスキーへの関心が高まっている。香りを楽しんだり爽快さを堪能したり、デザート風にしたりと、ウイスキーの飲み方はさまざま。琥珀(こはく)色の液体に隠れた物語を知れば、ますます楽しみ方が広がりそうだ。

■味と香り、蒸留所の個性

スコッチ文化研究所が開催しているテイスティング教室の様子(東京・西麻布)=写真 岡村 享則

「今日は6種類のウイスキーを飲み比べします。どれもカティサークというブランドで、この名前はスコットランドの人には特別な響きがあります」。東京・西麻布のマンションの一室に、ウイスキーの香りが広がった。スコッチ文化研究所(東京都港区)が主催するウイスキースクールだ。

代表の土屋守さんがうんちくを語ると、参加者は熱心にノートを取る。森麻美子さん(39)はウイスキーと出合って2年。「同じウイスキーなのに味や香りが全然違うのに驚いた」。別の講座も含め、月3回、同研究所に通っている。

ニッカウヰスキー創業者の竹鶴政孝と妻リタをモデルにしたNHK連続テレビ小説「マッサン」が始まり、ウイスキー人気が高まっている。ニッカウヰスキーの親会社、アサヒビールマーケティング本部の箕輪陽一郎さんによると「セミナーでは若い女性の姿が目立って増えてきた」という。

ウイスキーは焼酎やブランデーなどと同じく、蒸留酒に分類される。大麦などの原料を発酵させて造った醸造酒を加熱してアルコールと香りを取り出し、水を加えてたるで長期間寝かせる。熟成によって琥珀色に色づき、深い香りが生まれる。アルコール度数が高いのも特徴だ。

教室で使った6種類のブレンデッドウイスキー=写真 岡村 享則

一口にウイスキーといってもたくさんある。「まずチェックするのはモルトウイスキーとブレンデッドウイスキー。それぞれ特徴が違う」(箕輪さん)

前者は大麦麦芽を原料としたもの。国によって基準が異なるが、日本やスコットランドでは100%大麦麦芽が原則だ。モルトウイスキーの中でも1つの蒸留所の原酒のみを使ったのがシングルモルトと呼ばれ、味や香りが際立っている。ニッカの「余市」、サントリーの「山崎」など蒸留所の名前が付くことが多い。

後者はトウモロコシなどからできるグレーンウイスキーとモルトウイスキーをブレンドしたもの。「飲みやすくマイルドな味」(箕輪さん)だ。ニッカの「ブラックニッカ」、サントリーの「角瓶」などのほか、外国産では「カティサーク」「ジョニーウォーカー」「バランタイン」「オールドパー」などがある。

国産ウイスキーは世界で評価を高めている。ニッカとサントリーは今年、ともに世界的な賞を受賞した。「ウイスキーは蒸留所の歴史や熟成にかかる年月など時間を楽しむもの。背後にある物語も味わってほしい」(箕輪さん)

注目記事