WOMAN SMART

朝・夕刊の「W」

服や小物、おしゃれに整理する収納テクニック

2015/12/29 日本経済新聞 プラスワン

一着買ったら一着捨てる。そうしないと、クローゼットの中はパンク状態になると分かっていても、なかなか処分できない人は多いだろう。限られた空間の中で、使いやすく、しかもおしゃれに収納したい。そんなわがままも、少し工夫するだけでかなえられる。プロがすすめる収納テクニックを紹介しよう。

■長さ別にかけ 空間作る

「クローゼットにかけるときは、ブラウスなどトップスと、スカートやパンツなどボトムス、ワンピースやコートなどそれぞれの長さ別に分けて」と住まい方アドバイザーの近藤典子さんは話す。「ズボンは専用のハンガーに二つ折りにすれば、下の空間が有効に使える」という。

一般的なクローゼットの場合、パイプは床から170センチのところに設置されている。どんな順序で洋服をつるしているだろうか? 洋服の長さなど気にもせず、よく着る順などで掛ける人が多いかもしれない。

だが、それでは雑然とし、洋服の下に収納ケースを置くスペースはほとんど生まれない。試してほしいのは、コートやワンピース、ジャケット、ブラウスやシャツ、ボトムスと、それぞれ同じ長さの物を集めてかけるやり方だ。そうすれば服の下には高さ25センチの収納ケースを3~4個重ねて置くほどの空間ができる。

もっとたくさん、かける服があるなら、下に自前でハンガーラックを入れてつるすといい。形崩れが心配という人に近藤さんが薦めるハンガーの太さは「肩の部分の幅が2~3センチ」。つるしても大丈夫だという。

アイテム別に分けてかけるメリットはもう一つ。厚みのあるジャケットなどの間にズボンやスカートをつるすと埋もれてしまう。長さ別に整理すると、忘れていた服を発見できたという、うれしいこともある。また、1枚ずつ洋服を手に取ることが、本当に必要な服かどうか考えるきっかけになり、期せずして不要な服を処分できるようになる。収納ケースの使い方も一工夫を。「下のケースに今の時期着る服、枕棚の上にはオフシーズンの服と分けよう。出しやすく、衣替えのときも収納ケースの中身を差し替えるだけで簡単だ」(近藤さん)

クローゼットを整理しても、まだ収まりきらない服があるときは、室内にハンガーラックを置く。このときも「長さ別にかけることが基本」というのは、IKEA港北店(横浜市)インテリアデザイナーの早雲美菜さん。室内に出すときは見た目も大事。「服の色もまとめると、よりすっきり見える」と話す。

■壁に額縁、絵になる収納

「黒い家具に合わせて箱やラックにかける洋服などをモノトーンで統一すると良い」と話す早雲さん(横浜市都筑区のイケア港北)=写真 塩田信義

ハンガーラックやハンガーの色も、室内をおしゃれに見せる重要なポイントだ。「基本は家具の色に合わせること。家具がモノトーンなら、ハンガーラックやハンガーも同じに。ポップな感じの家具なら、プラスチックのハンガーもかわいい」(早雲さん)

「ハンガーラックの上も大切な収納空間。箱型の収納棚を取りつける場合は、天井との間を空けると、棚の上にも収納空間が生まれる」(早雲さん)

靴入れが小さくて靴が収まりきらないなら、廊下の壁を活用しよう。「人がスムーズに通るのに必要な幅は60センチ。廊下の幅が80センチあるなら、20センチは収納空間に使える」(近藤さん)

廊下にフックを取りつけてコートをかけ、通行の邪魔にならない上部に棚をつければ靴箱も置ける。「部屋をすっきり見せるには、収納ケースは2種類ぐらいに。箱の正面に中身がわかるようイラストなどを描くといい」(早雲さん)

壁にアクセサリーやお気に入りの小物を飾るときは額縁がおすすめ。「枠を作ることでまとまりが生まれ、すてきなインテリアになる」(早雲さん)という。部屋が片づきおしゃれになるなら、苦手な片づけにも取り組めそうだ。

(ライター 中川 いづみ)

[日経プラスワン2015年12月26日付]

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
暗闇ボクシング爆速成長 経営者は20代塚田姉妹
日経DUAL
中学受験からの撤退 挫折感を持たせない方法は?
日経ARIA
マレーシアに7年住み知った 移住に向く人、向かな
日経doors
読者9割「メンターが必要」 欲しいアドバイスは?
ALL CHANNEL