ヘルスUP

健康づくり

大人のO脚、膝痛注意 変形性膝関節症かも

2015/2/10 日本経済新聞 朝刊

 気をつけをした姿勢で左右の膝が付かず、アルファベットの「O」のように見えるO脚を気にしている女性は多いかもしれない。多くは見た目だけで問題ないが、高齢女性などで膝の痛みを伴っている場合は注意が必要だ。痛みを悪化させないためには体重を減らして膝への負担を減らすなどの対応も考えたい。

 赤ちゃんはもともとO脚だ。ある医療機関では毎年「うちの子はよく転んで脚の形が変だ」と訴える親がいるという。1、2歳ぐらいの子どもの親が多く、心配して診察を受けに来る。医師が診ると、確かに脚の形が外側にアーチ状に曲がっている。しかし、これは「生理的O脚」と呼ばれ、大半は問題ないケースだ。

■子どもは自然矯正

成人女性のO脚の画像(写真上)とX脚の画像

 このO脚は通常、2歳ごろまで続く。その後、自然に矯正され、3歳のころには少しX脚になるのが一般的だ。X脚は両膝がくっつくが、両足の内側のくるぶしが離れる状態だ。

 O脚やX脚の矯正治療をしている西新宿整形外科クリニック(東京・新宿)の飛田健治院長は「両足をそろえて立ち、両膝に大人の指2~4本分ぐらいのすき間があれば生理的O脚だ。両くるぶしの間が大人の指3本分程度のX脚なら検査は不要だ」と指摘する。

 小さい子どもの多くは生理的O脚やX脚だが、発育とともに矯正されるため治療の対象にならない。小学校に入るころにはまっすぐになる例が多いという。

 ただ、2歳以下の子どものO脚で大人の指5本分のすき間がある場合、「治療対象になる可能性がある」(飛田院長)。たとえば、膝の内側の骨などの成長阻害やビタミンD欠乏などのクル病、膝の周辺に骨のように硬いコブができる外骨腫などの病気かもしれない。手術をするケースもある。

 一方、男性・女性に限らず、大人のO脚は自然には治らない。痛みがなければ見た目の問題程度で済むが、O脚が長く続くと、立ったり歩いたりする際に膝の内側に負担が多くかかってしまう。関節軟骨が部分的にすり減り、骨同士がこすれ合う状態になって痛みが現れる。また、生体の防御反応が働いて、骨が必要以上に硬くなるという。

 この結果起こるのが「変形性膝関節症」だ。この病気は膝の痛みの原因でもっとも多く、とくに高齢女性で目立つ。東京女子医科大学東医療センター(東京・荒川)の千葉純司教授は「日本人の変形性膝関節症で最大の原因がO脚だ」と話す。

 さらに「日本人の靱帯の位置や筋肉の走っている方向などに特徴があるためO脚になりやすいといわれているので、膝に違和感がある場合は疑ってみたほうがよい」と注意を促す。

■日常生活に支障も

 変形性膝関節症が進むと、膝の痛みのために、階段の昇り降りや正座ができない、走れないなど日常生活にも支障が出る。さらにひどくなると、歩行そのものもつらくなり、生活の質(QOL)の低下につながる。関節に水がたまることもあるという。「進行した場合は関節鏡などを使って手術する例もある」と千葉教授は説明する。

 専門家は「膝の衰えは加齢とともに避けられない」と口をそろえるが、変形性膝関節症を防ぐにはどんな手立てがあるのだろうか。

 まず太りすぎに注意することだ。常に重いものを持っているのと同じなので、膝への負担が増す。肥満かどうかは体格指数(BMI)で判断する。体重(キログラム)を身長(メートル)の2乗で割った数字だ。「BMIが25以上が肥満。危険信号と思ってもらいたい」(千葉教授)。身長155センチメートルの人は約60キログラムが限度だ。

 運動不足もよくない。下半身の筋力が低下し、足を着地した際の衝撃を和らげにくくなる。適度な運動をすれば、筋力維持につながるほか、血流がよくなり、膝の関節に栄養が行き渡りやすくなる。筋肉をつけるにはスクワットなどの運動が有効だ。自己流で体を動かすと逆効果になることもあるので、専門家に指導を受けるとよいだろう。

 また、足底板と呼ぶ足の中敷きを活用する方法もある。膝の内側に負担がかかるO脚向けに、中敷きの外側が厚くしてあり、負担を軽減できるという。ただ、飛田院長は「骨が曲がっていることが原因のO脚を治すには手術しかない」と話す。プロポーションを気にする若い女性など向けに「O脚やX脚を矯正できるとうたう器具もあるが、注意してほしい」と呼びかける。

 脚の形を時折チェックするとともに、膝の痛みを感じた場合は、早めに専門医に診てもらうことが重要だ。

(川口健史)

〈ひとくちガイド〉
《インターネット》
◆O脚、X脚について知るには
 日本整形外科学会の「O脚・X脚」のページ(http://www.joa.or.jp/jp/public/sick/condition/bowleg_and_genu_valgum.html)
◆変形性関節症について説明
 アステラス製薬「なるほど病気ガイド変形性関節症」(http://www.astellas.com/jp/health/healthcare/oa/)

[日本経済新聞朝刊2015年2月8日付]

ヘルスUP新着記事

ALL CHANNEL