寺社めぐり、御朱印集めで楽しく

「パワースポット」めぐり、縁結び祈願、仏像好きな仏女、歴女――様々な目的で由緒ある寺や神社にやってくる若い女性が増えている。なかでも最近よく目にするのはB6判ほどの御朱印帳を手にし、手書きの墨字と朱印で構成されている御朱印をいただいている女性たち。ここ数年、静かなブームになっている。

私だけの参拝記念品に

「墨の書の筆づかい、朱色の印のデザイン、そして、書と朱印の構成バランス。その絶妙な美しさに魅せられた」と話すのは、東京都江東区のIT(情報技術)企業に勤務する西川真理さん。御朱印の世界に、日本文化のよさを感じたという。

鎌倉などの寺社に興味があり、よく行っていたが、テレビ番組でこういう楽しみ方もあるのかと知った。たまたま知人と行った浅草寺(同台東区)で朱印所の案内を目にし、初めて御朱印をいただいた。楽しみが増えたという。

御朱印とは、寺社を参拝した証しに、持参した御朱印帳にいただけるもの。「本来、御朱印は、心に願うことなどがあって写経をし、それを寺院に奉納した証し」。豊川稲荷(豊川閣妙厳寺)東京別院(同港区、本院は愛知県豊川市)の僧侶・佐藤宏道(こうどう)さんはこう話す。「今は、参拝だけの方が多い。御朱印の意味を理解し、神仏にお参りして受けてほしい」(佐藤さん)。スタンプラリーとはまったく違うことを認識しておきたい。

昨年『新・かわいい御朱印めぐり』(山と渓谷社)を出版したフリーアナウンサーの三須亜希子さんは、御朱印歴7年以上。趣味の寺社めぐりをしていた際、御朱印を受けている年配の方を見て知った。「その場で、手書きというのがいい。自分だけのもの。日付も入り、記念になる」と言う。墨字と押し印に、各寺社の個性が出ているのも大きな魅力だそうだ。

三須さんが集めた御朱印の一部=写真 編集委員 三浦秀行

寺と神社ではスタイルが違う。寺は、中央に墨字で本尊名。本尊がある建物名や庭名などで表す所もある。そして、押し印は本尊を示す御宝印だ。

一方、神社では中央に神社名の墨字と押し印。すっきりとした印象だ。三須さんのお気に入りの一つ「冨士山小御嶽神社」(山梨県富士吉田市)のものは「冨士山」の墨字が力強い。社紋や神社にちなんだ植物、動物、縁起物の印を押すところも。「かわいい印に出会うとうれしい」(三須さん)。パターンが違う寺社もあり、見開きのもの、お祭り限定のものもある。

佛教大学の八木透教授(民俗学、文化人類学)は、「巡礼の文化の流れもあり、年配の方が多かったが、若い人の寺社ブームで層が広がった」と言う。海外で筆づかいがアートとして注目されたことも影響しているのでは、と話す。

境内ではマナー守って

一つ一つ手書きで書いてもらう(豊川稲荷東京別院)=写真 編集委員 三浦秀行

御朱印をいただくには、自分の御朱印帳を持参する。決まりはないが、三須さんは、寺と神社で分けている。最近は、かわいい表紙のものをおく寺社も。豊川稲荷東京別院では、千代紙柄のものが人気だ(1冊1200円)。

御朱印をいただく所は、朱印所や祈祷(きとう)受付など寺社による。御朱印代(お布施、初穂料)は300~500円程度が多い。

先に御朱印帳を預け、参拝中に書く寺社もあるが、参拝は大前提だ。礼儀を守った参拝をしたい。書くページを開いて渡すといい。待つ間は静かに。時間や都合で授与できない場合や混んでいる場合もある。御朱印を授与しない寺社があることも踏まえておこう。

「以前と書き方が変わることも。それもまた出会い」と言う三須さんは、御朱印を受けた後、可能ならば墨字や押し印の意味を教えてもらい、知識を深める。保管場所も決まりはないが、大切に扱いたい。

「札所めぐりや七福神めぐりのように、めぐりスタイルが、日本人の旅癖に合うのだろう」と八木さん。「写真よりも、価値のある思い出になる」と三須さん。寺社めぐりがより楽しくなりそうだ。

(ライター 小長井 絵里)

[日経プラスワン2015年1月17日付]

注目記事