高齢者に多い肺炎 定期予防接種、原則65歳以上に助成

急に寒くなり、風邪を引く人も目立ち始めた。こじらせて肺炎になる場合もあるので甘くみるのは禁物だ。肺炎は日本人の死因の第3位で、亡くなる人の大半が65歳以上だ。高齢者には糖尿病や肺の慢性病を持つ人も多く、専門家は予防が大切だと指摘する。10月から肺炎の原因となる肺炎球菌の高齢者向けワクチンの定期接種も始まった。2回に分けて高齢者の肺炎予防策を紹介する。

肺炎の主な症状は、せきとたんと熱だ。風邪やインフルエンザなどが上気道と呼ぶ喉の周辺で炎症を起こすのに対し、肺炎はもっと奥の肺にまで炎症が起こる。主な原因はさまざまな細菌やウイルスで、風邪が長引くと傷ついた粘膜にこれらが入り込み、肺炎を発症しやすくなる。

■肺炎球菌が3割

肺炎は日常生活の中でかかる場合、病院に入院中に感染してしまう場合、口の中の細菌などが誤って肺に入って起こす誤嚥(ごえん)性などに分けられる。一般の生活の中で起こる肺炎のうち、約3割は肺炎球菌が原因だ。

肺炎球菌は肺に炎症を起こすだけではなく、「いくつかの種類では脳の炎症の髄膜炎や中耳炎、心臓の炎症、関節炎など全身に広がる場合もある」と川崎市健康安全研究所の岡部信彦所長は話す。日本医科大学呼吸ケアクリニックの木田厚瑞所長も「肺炎から敗血症になると高齢者は死亡率が上がる」と指摘する。

東京都内に住む70代のAさんは、糖尿病などの持病はあったが普通に暮らしていた。あるとき微熱が出て食欲がない日が続いたが、「風邪だろう」と思って市販薬を飲んですませた。ところが1週間後に急に息が苦しくなり、熱も上昇、夜中に救急車で運ばれた。血液検査では炎症を示す数値が通常の10倍以上に上がっていた。レントゲンでは肺が真っ白に映り、たんからは肺炎球菌が見つかった。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント