記憶突然消える一過性全健忘 24時間以内に大半が回復

脳出血の有無などを検査で確認しながら診断する(東京都世田谷区の神津内科クリニック)
脳出血の有無などを検査で確認しながら診断する(東京都世田谷区の神津内科クリニック)

突然、少し前の出来事が思い出せなくなる。自分が何をしているか覚えていられない。こうした状態は一過性全健忘と呼ばれ、中高年を中心に起こることがある。「認知症の始まり?」などと慌ててしまうが、通常は一時的でそれほどかからず回復する。ただ健忘は他の病気から起きる場合も。特徴を知っておきたい。

「けさ、僕は洗車したっけ?」。東京都内で暮らす男性(75)が当日の行動を覚えていないことに妻は驚いた。話したはずの次週の予定も「聞いていない」。妻は「知らない間に頭を打ったのか、それとも認知症の初期症状なのかと心配になった」と振り返る。

その後、インターネットで情報収集。脳神経内科を受診して脳波などを調べてもらった結果、男性は一過性全健忘と診断された。その翌日には回復。新たに記憶もできるようになったが、発症中のことは今でも思い出せないという。

突然起こる一過性全健忘は自分のしていることや状況を新たに記憶できない「前向性健忘」が主な症状。発症する少し前の出来事を思い出せない「逆行性健忘」もある。ただ自分が何者か、どこに住んでいるかといった記憶は失われず、家族の存在や周囲にいる人が誰かも認識できる。

例えば車の運転中に発症すると、家までの道順は分かるが、なぜその場所にいるのか分からない。神津内科クリニック(東京・世田谷)院長の神津仁さんは「ゴルフ中に発症したとみられる男性が車で帰宅後、家族に『ゴルフをしたのを思い出せない』と言って慌てさせた例がある」と話す。

神津さんは神経内科医として一過性全健忘の患者を数多く診察してきた。患者は自分の置かれている状況が分からず、周囲に「私は何をしていたの?」といった質問を不安そうに繰り返す例が多いという。病院に連れて行かれても、なぜ病院にいるか理解できず、混乱することがある。

神津さんによると、ドイツでの研究で年間発症率は10万人当たり3~8人程度とされているという。中高年に多い。24時間以内に回復するケースが大半で、再発はまれだ。

次のページ
認知症の初期症状と違いも
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント