powered by 大人のレストランガイド

香港にもカップヌードル博物館 850円で自分好みに

日経MJ

カップヌードルの製造工程を体験できる
カップヌードルの製造工程を体験できる

香港の繁華街・尖沙咀(チムサーチョイ)にインスタントラーメンに関する展示や製造を体験できる博物館がオープンした。楽しみながら食育を学べる場所として、連日、子ども連れらでにぎわっている。

3月に開館したのは日清食品ホールディングス傘下で中国・香港事業を担う日清食品公司(香港日清)の「カップヌードルミュージアム香港」。香港では日清の「出前一丁」が広く普及し、カップヌードルも「合味道」という名称で親しまれている。

世界のカップヌードルのパッケージを国別に展示した「カップヌードルウォール」や、創業者の安藤百福の足跡を紹介するコーナーに加え、出前一丁とカップヌードル、グラノーラの3商品について、製造工程を学ぶ体験工房を用意した。

一番人気は自分好みの「合味道」を作れる「マイカップヌードルファクトリー」だ。ひとり60香港ドル(約850円)で事前に予約する。6月の日曜日に訪ねると、親子で参加する人が目立った。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド