ファッション小物収納法 バッグは立てて、定位置に

NIKKEIプラス1

三浦秀行撮影
三浦秀行撮影

バッグ、帽子、ネクタイなどのファッション小物は、用途も違えば大きさも形もバラバラ。それぞれに適した収納方法で、取り出しやすく整理しよう。

ファッション小物のなかで一番場所をとるのがバッグだ。女性の場合、数十個持っている、という人もいるかもしれない。だが「日常的に使うのは3~4個でしょう」と整理収納コンサルタントの奥田明子さんは指摘する。

よく使うものは 居場所を決めて

収納を考える前に、使わないバッグの処分から始めたい。「いつか使うかも、という気持ちは脇において、今、使っているかどうか、という事実で取捨選択を」と奥田さん。「年齢を重ねても使いたいか」「修理してでも使いたいか」などを基準にすると判断しやすいという。もう使わないものは人にあげたり、思い切って処分したりしよう。

残すと決めたバッグは「使用頻度で分けると、すっきり収納できる」(奥田さん)。まず毎日~週3回ほど使う主力のバッグ。リビングの床やソファの上につい置きっぱなしにしていないだろうか。よく使うものは「定位置を作る」ことが重要だ。クローゼットの衣装ケースの上など、すぐに出し入れできるところを置き場所にしたい。

玄関近くにスツールを置き、その上を定位置にするのも一案だ。エコバッグなど軽いものは壁にフックを付けてかけてもいい。帰宅したら必ずそこに納めるようにすれば、床に置いたまま――という事態は避けられる。

これは男性もののカバンも同様だ。収納スタイルコーディネーターの芝谷浩さんは、「大切なものがひとまとめになっている仕事カバンは、すぐ手の届く場所に置きたいという人が多い。リビングの棚の一角に『お父さんコーナー』を作り、そこに置くのはどうか」と助言する。

次に週末や習い事に使うものなど、月に数回程度、出番があるバッグ。クローゼットの中に積み重ねてしまいがちだが、重ねると出し入れが面倒なうえ、形崩れの原因にもなる。立てて収納するのが基本だ。奥田さんはブックエンドを使っている。「バッグに合わせて自在に幅を変えられるので便利」だとか。

次のページ
つり下げ式活用 1区画2つまで