VR駆使、境界なくす自由な表現 デジタルアートを体感

NIKKEIプラス1

仮想現実(VR)や最新の映像技術を使ったデジタルアートが広がっている。国境や時間、空間を超え、障害者と健常者の境界も消える。分断がない未来の可能性を体感した。

凸版印刷や京都大学が京都市の名刹、大徳寺瑞峯院(ずいほういん)のふすまや枯れ山水庭園を舞台にVR技術を駆使した「オンラインアート展」を開催している。パソコンやスマホで、障害者が描いた絵38点を、寺の見学をしながら鑑賞できる。

画面の矢印を押すと、実際に歩いているように建物の内部に入れる。瑞峯院は重要文化財。360度回転させて天井の木目まで間近に確認できるのが面白い。昭和を代表する作庭家、重森三玲が手掛けた枯れ山水の庭園上の空中に作品が並ぶ。高精細なデジタル印刷技術で再現された絵をクリックすると作者の情報が表示され、購入ボタンを押すと1枚7万2千円(税別、送料別)で買える。

オンラインの自由度は高い。どの空間にも展示でき、住職の解説動画も画面から見られる。世界中どこからでも24時間鑑賞可能だ。凸版印刷人財開発センター長の巽庸一朗さんは「障害で現地に赴くのが難しい作家でも展示の様子を楽しめる。現代アートの作品と分け隔てなく並び、これまで見たことのない新しい価値を生み出す」と強調する。

VRの技術で大徳寺瑞峯院の庭園に浮かぶ障害者の作品=凸版印刷提供

寺側の利点もある。共同開催する良いお寺研究会代表理事の鵜飼秀徳さんは「寺は人を癒やす公共財であるべきだ。最新のデジタル技術を手段にした展示会は本来の寺の存在意義を高める」と話す。

展示会は無料。京大大学院特定教授の土佐尚子さんが流体をハイスピードカメラで撮影した映像を大徳寺に重ねた作品もユーチューブで同時開催。凸版印刷のホームページから2月末まで閲覧できる。

「チームラボボーダレス」の展示「人々のための岩に憑依する滝」。人の存在が作品を変化させる(東京都江東区)(C)チームラボ

デジタル技術で圧倒的な映像空間を世界中に創造しているチームラボ(東京・千代田)。2018年6月、東京・お台場に開館したミュージアム「チームラボボーダレス」には、1年間で実に230万もの人が来館した。境界のない作品を体感してみた。

まず驚くのはその自由さだ。約1万平方メートルの空間に約60の作品が連続して現れるのだが、映像が映し出される壁や床を自由に触れる。ロープやガラスケースに遮られて作品を眺める普通の美術館とは別次元の無防備さだ。さらに、観客は写真も動画も撮影可能で勝手に配信できる。

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
次のページ
「体験」から進化する歩み
エンタメ!連載記事一覧