うつぶせでゲームやスマホ ねおちピローは在宅の友

2020/12/23

婦人衣料のクロスプラスが発売したゲームがしやすい体勢をキープできる枕「ねおちピロー」が人気を集めている。うつぶせの姿勢を保ちやすい形状になっており、長時間ゲームやスマートフォンをしても腕や首が疲れないようにした。新型コロナウイルスの影響により、自宅で過ごす時間が長くなった人たちから支持されている。

うつぶせの状態になり、へこんだ部分に腕を置いて使う。幅が60センチメートルあり、安定感がある。横向きでも耳が痛くならず、太ももの上で使っても腕を楽にしてくれるという。クラウドファンディングの「Makuake(マクアケ)」で8月から販売したところ、当初目標額を大きく上回る2850万円ほどが集まった。

好評だったことから一般販売も決まり、12月から雑貨店や自社のネット通販サイトでも販売する。色は茶、ミント、青の3色展開。自社サイトでは花柄も取り扱う。税込み価格は1万780円。

[日経MJ 2020年12月23日付]

「イイネ!」記事一覧


SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram