がん患者・遺族にレジリエンス治療 心の強さ呼び戻す

がんを告知され、ショックの中で治療に臨む患者らの心のケアとして「レジリエンス」の考え方が注目されている。患者の強みを伸ばして逆境を乗り越える力を引き出す精神医学の手法だ。がん治療分野では2016年に国内初の専門外来がつくられた。

清水医師の「レジリエンス外来」には3500人以上のがん患者が訪れている(東京都江東区)

東京都小平市の水戸部裕子さん(46)は18年5月、せきが止まらなくなり、近くの内科で検査しステージ4の肺腺がんが判明した。リンパ節にも転移し、医師から「根治はできない。手術も放射線治療もできない状態」と告げられた。

「私、死ぬんだな」。国立がん研究センター中央病院(東京・中央)に転院した水戸部さんは将来への希望が見いだせず、何事にも力が出ない。仕事も辞め、人と触れる機会が減り孤独を感じた。「男子2人の育児や仕事、家事に奮闘してきた。自分の体を省みず、突っ走ってきた結果なのか」と自身を責めた。

「このままではいけない」「諦めてはいけない」と思う時もあったが、気持ちは上向かなかった。今年1月、同病院の「レジリエンス外来」を知り、回復するきっかけを求め連絡をとった。

同外来の開設に携わった清水研医師(現がん研有明病院腫瘍精神科部長)によると、レジリエンスは「弾性力」「回復力」の意味。うつ病など心の負の問題を取り除く従来の治療と異なり、患者の強みなど心の健康的な部分や肯定的な変遷に焦点を当てるのが特徴だ。「レジリエンスは誰しもが持っている」(清水医師)

10年、20年先も健康に生きていくと思っていた人ががん患者になり、この前提が覆され、喪失感にさいなまれる。対話を通じて患者に新たな世界観を築いてもらい、残された人生をどう生きるか考えてもらう。

約1時間のカウンセリングを数回重ねる。まず患者自身の歴史を振り返る。「どういう家庭のもとでどのように育てられたか」「思春期はどのように過ごしたか」などを詳細に話してもらい、病気になる前に大切にしていた価値観も聞く。がんを患った後にどう感じ、気持ちや価値観がどう変わったかといった変化をひもといていく。

水戸部さんの場合、少し間違えただけでも怒る厳しい母のもとで育った。褒められた経験がなく自信を持つことができなかった。清水医師から「一生懸命やっているのに何で怒るんだろうね。頑張った自分をもっと褒めていいんじゃないか」と言われたことで心のわだかまりが取り除かれ、自信が持てるようになった。がん治療にも前向きになった。「自分と向き合う契機になり、これからどう生きていきたいのか考えられるようになった」。闘病を続けながらも「社会の役に立ちたい」と今夏、再就職を果たし、病気と向き合っている。

注目記事
次のページ
「精神腫瘍医」の育成 道半ば