青山商事「シタテ」 生地100種類からシャツをオーダー

2020/12/9

紳士服の青山商事がオーダー業態「クオリティオーダー シタテ」で10月に始めた「オーダーシャツ」が人気だ。パターンオーダーながら42種類のサイズ見本を用意し、生地も100種類以上を展開。紳士服業界が低調に推移するなか、手ごろな価格で堅調に売り上げを伸ばしている。

体形に合わせて「ベーシック」と「スリム」の2種類を設け、それぞれ21種類のサイズから選択できる。採寸は青山商事の従業員が店頭で実施し、自分でははかりづらい部分も正確に計測できる。襟の形やボタンの色などのオプションにも対応し「多彩なお客さまの要望に応えられるようにした」(青山商事)という。

全国の「洋服の青山」102店と「ザ・スーツカンパニー」48店で扱う。今後取扱店を増やす方針。一度採寸をすれば、2回目からはネットで注文できるサービスも11月から始めた。素材によって価格は変わり、税別5900円と同7900円で提供する。

[日経MJ 2020年12月9日付]

「イイネ!」記事一覧


SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
Instagram