「鬼滅の刃」ヒットにみる 鬼の文化、ひそむ光と闇

NIKKEIプラス1

放課後には子供たちが群がって遊ぶ鬼の滑り台(東京都足立区の舎人いきいき公園)=三浦秀行撮影
放課後には子供たちが群がって遊ぶ鬼の滑り台 (東京都足立区の舎人いきいき公園)=三浦秀行撮影

鬼退治の漫画「鬼滅の刃」の累計発行部数は1億部を超え、映画も公開直後の興行収入が過去最高を記録した。鬼は疫病の象徴。コロナ禍で熱を帯びる鬼の光と闇を探った。

京都市郊外、叡山電鉄貴船口駅から歩いて30分、貴船神社は山の中にある。9月下旬の夜。川の音と虫の声だけが響く漆黒の闇を湿った空気が満たす。鬼と出合うならこんな夜、こんな場所だと思う。

京都には鬼の物語が多くある。貴船神社には、仕えた鬼の子孫が書いたとされる書物が残る。京都市にある国際日本文化研究センター名誉教授の小松和彦さんは「貴船は鬼が住む異界の雰囲気を色濃く感じられる場所」だという。

鬼は昔から疫病や災害のメタファーだった。祇園祭は疫病退散を願い、節分は鬼を邪悪の象徴と見立て外に追い払う行事だ。「人間が制御できない凶悪な力を鬼に背負わせ、排除することでカタルシスを得て不安を和らげるのが鬼の文化」(小松さん)

首をはねられる酒呑童子「酒呑童子絵巻」(国際日本文化研究センター所蔵)

そして「制御できない恐怖をもたらすコロナはまさに鬼。恐怖や不安を浄化したい思いや、共存する方法の模索が、今は漫画やアニメなのかもしれない」とコロナ禍の鬼ブームの背景を分析する。

鬼文化は一方で負の側面を持つ。生身の人間を鬼として排除してきた歴史もある。権力者は敵対する勢力に「鬼」のレッテルを貼り、特定の職業を差別して権威を維持した。魔女狩りの「魔女」も、「鬼畜米英」も人間だ。

この「負の鬼文化」が今、表面化している。コロナの感染者を出した家に「出て行け」と紙を貼る行為が日本中で起きている。感染者を診る内科医が「恐怖が人の心に悪魔を生み、病気の被害者を加害者扱いする。コロナよりも怖い病では」と言っていた。

本来、不安を和らげるのが鬼の文化なのに「コロナに感染した友達さえ自分を脅かす鬼と見る人が増えている。そのとき、自分の心に鬼が生まれている。人間に鬼のレッテルを貼ると、人間同士が異質な鬼として対立する怖さがある」。小松さんは今の鬼ブームに少し不安を感じている。

注目記事
次のページ
鬼の目にも涙
今こそ始める学び特集