赤は活発、青は理知的… 配色の効果で衣食住を豊かに

NIKKEIプラス1

遠出しづらい日々が続き、記者(29)はストレスがたまっていた。在宅では慌てず冷静に働きたいと思い、色の効果でリラックスしようと、配色の基礎を学ぶことにした。

初心者が最低限おさえておけばよい知識は何か。「マカロン配色見本帖」の著者で、視覚デザイン研究所(東京・千代田)の早坂優子さんに聞いてみた。

早坂さんによると、色相から連想されるイメージへの理解が大切だという。色相とは色の三属性の一つで、赤や青など色を特徴づける色みのこと。例えば緑は「平和な安らぎ」「自然」を想像できるほか、山など実際の風景と重ねることもできる。早坂さんは「色に付随するイメージは日常生活で感じたものと大きく外れません」と話す。

色の三属性の残りは明度(明るさ)と彩度(鮮やかさ)。この2つで決まる「トーン」を意識することも重要だ。色相の中で最も鮮やかな純色に白みが加わった明色のトーンは優しい印象を与える。逆に灰色が加わる濁色のトーンは落ち着いた印象を与え、黒みが入る暗色のトーンは格調の高さを演出できるという。

同社社長の内田広由紀さんは「結婚パーティーなどハレの舞台で着る衣装は白みが入ったトーンが似合うのに対し、経験豊かなテレビのキャスターは黒が入ったトーンが似合うなど、服装選びや対人関係にも生かせます」という。

助言に基づき生活を色で改造してみた。まずは住まいから。自宅の机にはピンクや茶色など様々な色の小物が並んでいる。そこで、デスクマットや書類ケースなどの事務用品をリラックス効果の高い青色で統一した。

ドライフラワーや博多人形など家にあった青色のインテリアを机の上にずらりと並べ、隣に置いている真っ赤な冷蔵庫は青色の和紙で覆った。視界を青で埋め尽くして仕事をすると、長時間パソコンの画面に向き合っても集中力を保てる実感があった。

自分に似合う衣服の色も気になった。パーソナルカラーの診断や服選びのアドバイスなどを手がけるユースタイリング(横浜市)を訪れた。

「仕事先で好感が上がるよう、スタイリッシュな印象を身に付けたい」などの要望を、アドバイザーの桐本和希さんに伝え、診断が始まる。顔の前に色の付いた布を当てながら、肌や瞳の色とマッチするカラーを選んでもらう。

診断の結果、顔は青みがかかった「ブルーベース」の特徴が強く、肌の質感や顔のパーツなどからパステルカラーの服が似合うと分かった。ジャケットの下は夏なら白のTシャツ、冬は明るいグレーのセーターが似合うそうだ。

注目記事
次のページ
色の活用 学習にも効果
今こそ始める学び特集