ドレッシングは万能調味料 唐揚げ下味、洋風ちらしも

NIKKEIプラス1

五十嵐 鉱太郎撮影
五十嵐 鉱太郎撮影

サラダを食べるのに欠かせないドレッシング。和風にイタリアン、フレンチ、ゴマなど多彩な味が楽しめるが、使い切れないまま冷蔵庫に並んでいる家庭も少なくないだろう。サラダ以外の活用法を専門家に聞いた。

「賞味期限を過ぎてしまった」「もらったけれど使い慣れない」。そんなドレッシングをどう使おうか迷っている人は多いかもしれない。食品ロス問題に取り組む料理研究家の行長万里さんは「サラダに使うものという固定観念を取り払うと活用範囲は広い」と話す。

酢や油の効果 特徴生かして

ピエトロは公式サイトでドレッシングを使った料理のレシピを公開している。レシピ開発を担当しているC&D部開発課の奥多佐知子さんは「砂糖や塩、酢、しょうゆなど基本的な調味料がほぼ含まれている。実は万能調味料として使える」と説明する。

料理が苦手な理由として多いのが、調味料を測るのが面倒だったり、味付けが難しいと感じたりしてしまうこと。奥多さんは「ドレッシングなら調味料を一つ一つ量る必要がないので、料理嫌いの人でもハードルが低い」と話す。

ラベルに記載されている原材料を参考に、合わせる食材を考えるといい。たとえば、酢が入ったドレッシングは肉の下味に使うにはぴったりだという。奥多さんは「つけ込むことで肉がやわらかくなり、くさみも取れる」と指摘する。

しょうゆベースの和風ドレッシングに肉を20分ほどつけ込んだ後、片栗粉をまぶして揚げる鶏肉の唐揚げは「簡単なのに人気の高いレシピ」(奥多さん)だ。

行長さんも酢の効果に着目する。「パサつきやすい鶏の胸肉もつけ込むだけでしっとり仕上がる。イタリアンドレッシングならハーブの風味も生かせる」。そのまま焼いたり、揚げたりするだけでいいので時短にもなる。

魚料理にも活用したい。行長さんは「青魚を煮るときにしょうゆ味のドレッシングを使うと、くさみが取れてまろやかな味になる」という。

ご飯と合わせてすし酢代わりに使うこともできる。行長さんのおすすめは、イタリアンドレッシングで味付けする洋風サラダずし。チーズやハム、好みの野菜と一緒に混ぜるだけだ。「イベントなどで作ると子供に大人気な味」と行長さん。

同じすし酢代わりでも、奥多さんはしょうゆベースの和風ドレッシングを使う。アボカドとサーモンを合わせた洋風ちらしずしは「手間をかけず、華やかに仕上がるのでパーティー料理にもいい」(奥多さん)。

注目記事
次のページ
ひと手間加え 野菜おいしく
今こそ始める学び特集