便利で簡単な折り紙 2分で作れるゴミ箱や小物入れ

NIKKEIプラス1

入れ物になる折り紙を紹介する小宮さん=三浦秀行撮影
入れ物になる折り紙を紹介する小宮さん=三浦秀行撮影

紙を折ることで、さまざまな形を作り上げる日本伝統の折り紙。日常に生かしてみてはいかがだろう。実生活に役立ちそうなものの折り方を教わった。

箱や鶴を折ったり、お菓子を包んだり。包装紙や千代紙など1枚の紙を自由に折って楽しんだことのある人は多いはずだ。しかし、最近は紙を折る機会も減った。

簡易な紙箱なら 作り置けて便利

「かつては多くの家庭でゴミを入れる紙箱やスリッパ、ちりとりなどを古紙で折っていた」と話すのは、長方形の紙を使って動物などを創作する折り紙作家の三木康生さん。

使っていたのは、チラシやデパートの包み紙、雑誌の切り取りページなど。三木さんも気に入った紙は普段から集めていた。「生活の知恵のようなもの。折り方は家族や年配者から見よう見まねで教わった」

例えば、新聞紙やチラシなど長方形の紙で作る簡易な紙箱。食卓でむいた果物の皮やカラ入れに使う。そのまま燃えるゴミとして捨てられて便利だ。キッチンでは調理中に出た野菜くずを入れる三角コーナーやビニール袋の代わりになる。

しかも、軽くてかさばらない。慣れると2分程度でさっと折れる。時間のあるときに作り置きし、折りたたんで収納しておくのがおすすめだ。

気に入った色や柄で折れば、暮らしを彩る入れ物としても重宝しそうだ。仕上がりの大きさをイメージし、用途によって紙のサイズを変えてもいい。

意識したいのは、折りすじ。谷折りでつけることが多いだろう。三木さんは「指先で折りすじをしっかりつけると、立ち上がりがよく仕上がりがきれいになる」とアドバイスする。

注目記事
次のページ
平らな机の上で ゆっくり丁寧に
今こそ始める学び特集