おうち時間、照明で快適に 色・明るさの目的別選び方

NIKKEIプラス1

三浦秀行撮影
三浦秀行撮影

外出自粛の影響で家で過ごす時間が長くなった。目的や体のリズムに合う照明にすれば、在宅勤務やくつろぎの時間がより快適になる。

自宅で仕事をするようになり、家の照明が暗いと気づいた人も多いだろう。オフィスの照度は500~750ルクスほどある。一方で住宅は200~300ルクス程度だ。明かりの色もオフィスでは白いのに対し、家ではくつろげるようオレンジ系が多い。

「目が疲れる」「頭が切り替わらない」といった声が増えている。原因のひとつは家の照明にあるかもしれない。「自宅はパソコン作業や資料を読むには暗すぎる。目が疲れるだけでなく、気持ちも引き締まらないのでは」。照明の相談も請け負うインテリアコーディネーター、中西八枝佳さんはこう話す。

在宅勤務こそ オンとオフを

中西さんも自宅で仕事をしており、食卓で作業することもある。ダイニングには天井からペンダントライトがつり下がっている。料理をきれいに見せるための照明なので、仕事向きではない。そこで、「紙が白く見えるよう発光ダイオード(LED)のデスクスタンドを追加し、手元の明るさを確保している」。

在宅勤務こそ、オンとオフの切り替えは大切だ。中西さんは複数の明かりの組み合わせで変化を出す。夕方になると、食卓のペンダントライトと壁に光を当てるスポットライトだけを点灯する。やわらかい光と間接照明の効果で、くつろげる空間になる。

夜はそのままリラックスした気分で眠りにつけるよう、寝室でも間接照明を活用する。天井取り付け型のシーリングライトもあるが、寝る前には点灯しない。さらに、廊下にはセンサー付きの足元ライトを付けている。トイレに起きたときに、廊下全体を照らす明かりで目がさえてしまうのを防ぐためだ。

中西さんの照明術は、光が人間の体内リズムに与える影響をベースにしている。人間の体には、朝日を浴びたら目覚め、暗くなったら眠るという体内リズムが備わっている。パナソニックのライティング商品担当の鈴木勝さんは、「強い光は脳を覚醒させる一方で、睡眠を促すメラトニンの分泌を抑制する。朝から晩まで強い光のもとで仕事をしていると、体内リズムが狂ってしまう」と話す。

注目記事
次のページ
調色機能活用 LED交換も