コーデ楽しむ布マスクが人気 三陽商会25種

日経MJ

三陽商会が5月からオンラインで売り出した「オリジナル布製マスク」が好調だ。アパレルメーカーらしく、色や柄でコーディネートを楽しめるファッション性の高さが支持され、第3弾までのシリーズはいずれも完売。次回は9月15日に25種類をそろえた第4弾を発売する。新型コロナウイルスの感染拡大の中でも生活に彩りを加えたい消費者のニーズを取り込んでいる。

【もっと写真を見る】色も柄も多彩 ギンガムチェックや「三陽格子」も

布製マスクは人体に沿って型をとる立体裁断に加え、ひもにはアジャスター機能をつけフィット製の高さを実現。裏地には抗菌防臭のガーゼ、一部表地には吸水速乾性や紫外線(UV)カットに優れた素材を使った。グループの国内工場で生産し、品質管理も徹底しているのが特徴だ。

柄はシンプルなタイプからチェックまでそろえ、色合いも洋服に合わせやすいベージュやピンクなどがある。価格は第4弾で1枚990~1650円。「デザインや機能も、消費者の反応を踏まえてより良いものにしていきたい」(同社)。新型コロナの懸念が続く中、引き続き人気を集めそうだ。

[日経MJ 2020年9月9日付]

「イイネ!」記事一覧


夏の装い直前講座
Watch Special 2020
Fashion Flash