トイレ掃除は上から下 男性「座りション」で飛沫防ぐ

NIKKEIプラス1

PIXTA
PIXTA

新型コロナウイルス対策による外出自粛の影響で、家のトイレを使う機会が増えた。忘れがちな掃除のポイントと汚れをどう防ぐかについて、家事ジャーナリストの山田亮さんが解説する。

ここ数カ月間で家のトイレが汚れやすくなったと感じる。夏は湿度が上がるので、臭いが気になる人も多いかもしれない。

男性が立って用を足せば、飛沫はかなり広範囲に散る。その飛沫は便器にたまっていた水ではない。表面張力の作用で多くが上から飛び込んできた液体、つまり尿である。こうして臭いの大元がトイレに拡散する。

飛沫は壁や床に加え、たまったほこりやちりにもつく。そのまま放置すると雑菌繁殖の温床になる。トイレ掃除というと、便器を思い浮かべる人が多いかもしれない。だが、ほこりやちりを取り除き、飛沫をきれいにすることも重要だと意識してもらいたい。

養生テープや 抗菌壁材活用

トイレも家全体の掃除と基本は同じだ。ほこりやちりは上から下へ落ちるので、掃除は壁や天井から始めると二度手間にならずにすむ。

換気扇が天井についているトイレでは、まずそこから掃除するといいだろう。フィルターをきれいにすることは特に重要だ。換気効率が上がれば、臭いは消えやすい。照明も多くが天井についている。軽くふくだけで明るさが変わり、効果を体感しやすい。

次は壁だ。便器からの距離にもよるが、下の方は飛沫が飛んでいるとみて間違いない。高いところからモップ式のウエットシートでふき取るといいだろう。トイレを使うたびに掃除するのは難しくても、できるだけこまめにふくことをおすすめしたい。長期間そのままにしておくと臭いや黄ばみは取れなくなり、最終的にはリフォーム以外に手立てがなくなってしまう。

近年は消臭効果や抗菌機能がある壁材が登場している。自分ではりつけられる素材が100円ショップなどでも売られている。それらを貼って定期的に交換すれば、清潔を保ちやすい。

注目記事
次のページ
座って用足し 清潔に保とう