アシストスーツ試した 重いものを楽々、腰の負担軽く

NIKKEIプラス1

重いものを上げ下ろしする際に腰への負担を軽減するアシストスーツが注目されている。農業や介護など中腰での作業が多い現場で普及が進む。スーツを着て作業し、効果を検証した。

7月初旬、よしだ農場(埼玉県所沢市)を訪れたときはニンジンの収穫期。色鮮やかなニンジンでいっぱいになったパレットを、台車に載せる作業の真っ最中だった。

20キログラム近いパレットを持ち上げる作業はかなりの重労働。農場で働く吉田明宏さん(32)は昨年からユーピーアール(東京・千代田)のアシストスーツを使っている。「一日中、作業すると腰に張りが出るが、アシストスーツを使えば疲れが軽く済む」と効果を認める。

このスーツは駆動源のない無動力タイプ。腰痛ベルトに背骨のような支柱が付いた形で、肩にひもを掛け腰と膝の下にベルトを巻き付ける。着るとアーチ状の支柱が背骨にフィットして自然に背筋が伸びる。腰痛ベルトを締めることで腹圧を上げ、椎間板にかかる負担を減らす。腰から膝にかけてゴムベルトが付いているので、前屈から起き上がる際、ゴムの伸縮力で動作を助ける。

アシストスーツを装着してニンジンが入った20キログラムのかごを持ち上げる記者(埼玉県所沢市のよしだ農場)=三浦秀行撮影

まずはスーツを着ずに中腰でパレットを持ち上げた。全重量が腕や腰にかかり重さをずしりと感じた。ところがスーツを着たら腹圧で腰への負担が減ったうえ、ゴムの引っ張る力が働き作業が楽になった。猫背で前にかがむ姿勢が腰痛の一因とされ、支柱が背筋を伸ばして正しい姿勢に導いてくれる。ユーピーアールの長沢仁さんは「アシストスーツには腰に負荷をかけない姿勢を意識させる効果もある」と話す。

介護の現場でも少しずつ普及が進む。福祉施設でスタッフが高齢者や障害者の介護に利用する例が多かったが、最近は在宅介護でも使用する例が増えてきた。

自宅でアシストスーツを着て妻の圭子さんを介護する武藤光行さん(千葉県柏市)

千葉県柏市の武藤光行さん(67)もその一人。30年前、出産時の事故で意識障害になり入院していた妻の圭子さん(58)を昨年4月、自宅に引き取り介護している。そこで頼りにしたのがイノフィス(東京・新宿)のアシストスーツ。ベッドと車椅子の乗せ換えや、おむつ交換、着替えの際にも着用する。

武藤さんは「介護は中腰でする作業が多く、自分が腰を痛めたら在宅介護を諦めなければならない。スーツを着ると腰が楽で安心感もある。もう手放せない」と話す。

注目記事
次のページ
国内市場は急拡大
今こそ始める学び特集