壁紙、お手入れでさっぱり 油汚れにセスキ水・重曹水

NIKKEIプラス1

写真はイメージ=PIXTA
写真はイメージ=PIXTA

家にいる時間が長くなると、今まで気づかなかった汚れが目につくようになる。壁紙の汚れもその一つ。自分でできる汚れ落としと簡単な傷の補修方法を専門家に聞いた。

家の壁にはさまざまな汚れが付いている。見た目が悪いだけでなく、においの原因にもなる。定期的に掃除して清潔に保ちたい。

ビニール製は掃除しやすく

壁紙の代表的な素材は塩化ビニールだ。サービス業のインターネット商店街「くらしのマーケット」に出店し、ハウスクリーニングを手がける磯野敦雄さんは「ビニールなら自分で掃除できる」と話す。「濃い色は色落ちすることもあり注意が必要だが、白や白に近いものはまず大丈夫」という。

掃除は壁全体のほこり取りから始めよう。高い場所にも届くよう柄が伸びるハンディモップで落とし、隅は掃除機で吸い取る。

次は水拭きだ。バケツに35~40度のぬるま湯を用意し、マイクロファイバーのクロスを浸して軽く絞る。ぬれたクロスで全体を雑巾掛けした後、乾いたクロスでから拭きする。「お湯で緩めた汚れをクロスで絡め取る。横拭きと縦拭きを組み合わせると、拭き残しがない」(磯野さん)

これだけでだいぶすっきりするが、しつこい汚れにはもうひと手間必要だ。

キッチンの壁に飛んだ油やコンセント周りの手あかは水拭きだけでは取りづらい。これらの油汚れは酸性のため、アルカリ性の洗剤で中和させて落とすといい。セスキ炭酸ソーダを薄めたセスキ水や重曹水などをスプレーで吹きかけた後、メラミンスポンジでなでるようにこする。縦横にまんべんなく、を意識する。

塊になってこびりついた汚れはブラシでこする。「クロスの凹凸に入り込んだ汚れのほか、固まったほこりやペットの毛などもブラシでこすると落ちやすい」(磯野さん)

仕上げにお湯に浸したクロスで拭き、から拭きする。「1区画ずつ手が届く範囲を順番に掃除するのがムラなくきれいに仕上げるコツ」と磯野さん。セスキ水やメラミンスポンジ、クロスなどは100円ショップでも買え、便利だ。

たばこのヤニのほか、油性ペンによる落書き、ペットの肉球の跡なども気になる。こうした汚れもだいたいセスキ水や重曹水で落とせる。ペットのおしっこの臭いはカビ取りスプレーで対処する。ただ、「ヤニやペットのおしっこも、壁の下地まで染み込んでしまうと落とせない」(磯野さん)ので要注意だ。

カビを退治したい人も多いだろう。カビ取りスプレーを使い、ブラシでこすって取り除くのが基本だ。手袋をはめ、換気しながら吹きかけよう。「塩素系なので衣類にかかると色落ちする。飛び散りが気になるなら、ビニールをマスキングテープなどで周囲にはるといい」(磯野さん)

注目記事
次のページ
傷は放置せず すぐに補修を