脂肪肝、過剰飲酒なくてもリスク 最新検査で早期発見

アルコールをあまり飲まなくても生活習慣や肥満などによって発症する非アルコール性脂肪肝。患者は国内で推定1千万人に達し、「21世紀の国民病」ともいわれる。肝硬変や肝臓がんに進行する前に早期発見・治療することが重要だ。従来は肝臓に針を刺す検査が主流だったためハードルが高かったが、体への負担が小さい検査や診断法が開発された。脂肪肝に特化した専門外来を開設する医療機関も相次いでいる。

「肝臓がんや腹水などの症状が出て初めて診断されても、手遅れになりやすい。高リスクの患者を早く見つける検査法の開発が課題だった」。横浜市立大学大学院の中島淳主任教授は脂肪肝の診断が遅れがちだった以前の状況を振り返る。

従来、肝臓疾患の主な原因はB型・C型ウイルスなどによるウイルス性肝炎や、お酒の過剰摂取によるアルコール性肝炎とされてきた。近年、運動不足や栄養過多など生活習慣と関連がある非アルコール性脂肪肝が新たな疾患として提唱され、注目されている。肝臓は「沈黙の臓器」とも呼ばれ、状態が悪化しても自覚症状が少ない。以前は肝臓に針を刺して細胞を取り出して調べる「生体検査」(生検)しか検査方法がなかったが、痛みや出血を伴うなど患者の負担が大きく、早期診断の妨げとなっていた。

超音波で負担少なく

こうした問題を解決するため2000年代に入って登場したのが、「フィブロスキャン」と「MRエラストグラフィ」という2種類の画像検査だ。いずれも肝臓の硬さ(繊維化の状態)と脂肪量を測ることで肝硬変への進行度を短時間で調べることができる。

中島主任教授が勤務する横浜市大病院は05年にフィブロスキャンを導入し、月約200件の検査を行う。フィブロスキャンはエコー検査などと同様に、肌の上に当てた小型測定器から肝臓に向けて超音波を出して肝臓の硬さを測定する。装置は小型で医療機関にとって導入しやすい。患者の負担が少ない検査が、外来でもできるのが特徴だ。

もう一方のMRエラストグラフィは磁気共鳴画像装置(MRI)を使用する。腹部を振動させ振動波の伝わる速度の違いを利用して肝臓の硬さを分析。分布を色で表示する。硬さや脂肪濃度を数字で示すこともできる。

16年にこの検査を使った「脂肪肝ドック」を始めた新百合ケ丘総合病院(川崎市)の袴田拓消化器内科長は「ドックで140件、通常診療で300件の検査を実施し、脂肪肝の診断と経過観察に威力を発揮している」と強調する。

MRIを使って肝臓の検査をする「脂肪肝ドック」(川崎市の新百合ヶ丘総合病院)
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
次のページ
増える専門外来
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント