カツオの韓国風あえもの ピリ辛であっさり香ばしく

NIKKEIプラス1

カツオの旬は年2回あることを知っていますか? 1度目がまさに今。エサを求め、黒潮にのって北上するカツオは「初ガツオ」と呼ばれ、もうひとつの旬、秋に産卵のため南下する「戻りカツオ」に比べ、脂身が少なく、あっさりとした味わいが魅力です。

カツオといえば、刺し身やたたきがおなじみですが、今回はひと味違う韓国風のピリ辛だれで。カツオは表面を軽くあぶることで香ばしくなります。特有のにおいは、ニンニクやごま油でマスキング。糸トウガラシは辛味が少ないので子どもにも安心。料理の見た目も引き立ちます。

材料(2人分、1人当たり116kcal )
・カツオ(刺し身用)150g
・塩小さじ1/2
・サラダ油少々
・新タマネギ1/4個(50g)
・ミツバ20g
・A[コチュジャン大さじ1、酢大さじ1 1/2、すりごま(白)小さじ2、ニンニク(すりおろす)小さじ1/2、ごま油小さじ1/2]
・糸トウガラシ少々

作り方(調理時間15分)

(1)カツオは全体に塩をふり、5分おく。ペーパータオルで水気をふく。

(2)新タマネギは薄切りにする。ミツバは長さ3cmに切る。

(3)氷水とペーパータオルを用意する。フライパンに油を温め、カツオの表面を強めの中火で約10秒ずつさっと焼く。全面に焼き色がついたら、氷水にとり、ペーパータオルで水気をふく。厚さ1cmに切る。

(4)ボウルにAを合わせる。(2)と(3)を加えてあえ、器に盛る。糸トウガラシを飾る。

献立の例 ダイコンと鶏肉のスープ煮、韓国のり、ごはん

ひとくちメモ

コチュジャン ビビンバやチゲなどに使われる韓国の甘からみそ。辛さの中にも甘味とコクがあり、野菜につけて食べるなど、幅広く使えます。

(ベターホームのお料理教室=大井 一範撮影)

[NIKKEIプラス1 2020年5月2日付]

これまでに掲載した「かんたんレシピ」の記事はこちらからご覧ください。

注目記事
今こそ始める学び特集