映画・演劇、3密避けリモート制作 新たな表現法探る

映画や演劇といった集団制作で成り立ってきた現場で、リモートで創作し、発表する動きが相次ぐ。新型コロナウイルスの感染拡大という危機をはねのけ、新たな表現を探る試みだ。

「自分にできることは明るいエンターテインメントを届けること。誰かの希望になればうれしい」

2017年に話題をさらったコメディー映画「カメラを止めるな!」の上田慎一郎監督は今月、俳優やスタッフと顔を合わせないリモート制作に取り組んだ。映画の制作、公開が相次ぎ中止されている。「生活の危機にあるクリエーターに『知恵と工夫でもの作りはできる』と前を向くきっかけになる作品にしたい」

「カメラを止めるな!リモート大作戦!」は約20分の短編映画だ。物語は自宅待機中の映像ディレクターに「今月中に再現ドラマを1本作って」という難題が舞い込む。皆が自宅にいながら制作する遠隔撮影のドタバタ劇を、入れ子のように遠隔で撮影する趣向だ。

カメラは止めない

「周りのクリエーターが次々と仕事を失う中、『カメラを止めるな!』という映画のタイトルが自分自身に迫ってきた」と上田監督。短編には濱津隆之、どんぐりらが出演。ビデオ通話の画面や俳優が自撮りした映像を集め、監督が仕上げる。動画サイトのユーチューブで近く無料公開する。

俳優の斎藤工もリモート制作の映画企画「TOKYO TELEWORK FILM」を立ち上げた。テレワークが主題で、第1弾は出演者が本人役で登場し、ビデオ通話による近況報告などを映像化。こうした映像をネットで随時公開し、年内にもオムニバスの長編映画にしたいという。

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
次のページ
TV番組にも波及
エンタメ!連載記事一覧