依存症患者への接し方は? 必要なのは肯定する話し方

アルコールや薬物、ギャンブル依存などの問題を抱える本人を適切な治療に向かわせるには、周りの理解や支援が必要だ。ただ、うまくコミュニケーションできない悩みを抱える家族は多い。そうした家族向けに、患者に治療に向かってもらうことを目的としたプログラム「CRAFT(クラフト)」を医療機関を中心に活用する動きが広がっている。

藍里病院の吉田副院長は「CRAFT」を取り入れた依存症家族勉強会を実施している(1月、徳島県)

「診察に行ってないんじゃないの?」「最近、診察どんな感じ?」。薬物やアルコールなどの依存症治療に取り組む「藍里病院」(徳島県上板町)では1月下旬、依存症者の配偶者や親などの家族約60人が集まり、2人一組で異なる声かけを試し、「どちらの言い方がいいか」を議論した。

議論の後、精神科医の吉田精次副院長は「自分がどんな気持ちになるのかを想像すると、相手にどんな言い方をしたら良いのかが見えてくる」と説明。「必要なのは肯定する話法で、指摘や叱責、説教は必要ない。なぜなら人はコントロールできないからだ」と依存症の患者との接し方のコツを伝えた。

同病院は毎月、家族勉強会を実施しており、依存症者を抱える家族のためにつくられた支援プログラム「CRAFT」を取り入れた内容にしている。

CRAFTは「コミュニティー強化と家族訓練」を意味する「Community Reinforcement And Family Training」の略称で、米国で開発され、アルコールや薬物依存のためにつくられたプログラムだったが、ギャンブル依存症やゲーム障害のほか、ひきこもり問題にも活用できる。

吉田副院長は「最も重視するのは『健康でありたい』『良い人間関係を築きたい』など動機を見つけて強化することで、そのために肯定的コミュニケーションを習得することが役立つ」と話す。

コミュニケーションでは8つのポイントがある。例えばポイントの一つ「『私』を主語にする」では、「そんなことでどうするつもりだ」ではなく、「あなたのことが気がかりなんだよ」などと声をかける。相手を否定するのでなく自分が望んでいることを伝える。

家族の状況を見ながら患者の問題行動を分析するなどしたうえで、最終的には患者に治療を受けてもらうために、治療を勧めるタイミングや言い方などを訓練する。依存症の本人と接する家族の精神面のケアも含まれている。同病院では13年から外来の家族相談に取り入れている。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
次のページ
海外研究では7割に効果
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント