ひどい冷え症は甲状腺を疑って 機能低下で乾燥肌にも

NIKKEIプラス1

福成氏によるとTSHは、「甲状腺機能低下を示す非常に感度のいいセンサー」。機能低下によって甲状腺ホルモンの量が減り始める前段階から、TSHの分泌量が増え始める。そのため甲状腺ホルモンの量が正常値のまま、TSHの量が高めに出ている場合がある。そうした状態でも疲労やストレスなどで甲状腺機能にちょっとした変動が起こると、さまざまな不調をもたらすことがあるという。

甲状腺検査で甲状腺ホルモンが正常値より低かった時はもちろん、TSHの方だけが正常値から外れている場合でも、甲状腺を専門に診ている医師の診察を受けたい。どの段階で治療を行うかは、専門医と相談しながら進める。

甲状腺ホルモンの明らかな低下が常に見られる場合は、原因や症状に応じた治療が行われる。原因には、他の疾病で使う薬剤の影響や、ヨード類の取り過ぎなどがある。一番多い原因は、正常な細胞を誤って攻撃する自己免疫疾患の橋本病だ。甲状腺に慢性的な炎症が起きて機能低下するもので、20~40代の女性に多くみられる。

原因が橋本病の場合は、合成甲状腺ホルモン剤を服薬する。ホルモン剤の薬物治療ではずっと薬を飲み続けることになる。甲状腺疾患の専門病院である伊藤病院(東京・渋谷)内科医長の渡辺奈津子氏は「定期的な検査を行っていれば健康を保てるので、安心して服薬を続けてほしい」と話す。

渡辺氏は、甲状腺機能が低下すると「身体の不調が少しずつ進むので、更年期のせい、年のせいだろうと考えがち」と指摘する。不調が改善しない場合、かかりつけ医などに相談して「一度、甲状腺機能の検査を受けてほしい」と訴える。体調の異変を見逃さず早めに検査を受けることが健康維持のために重要だ。

(ライター 荒川直樹)

[NIKKEIプラス1 2020年2月8日付]

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント