エンタメ!

映画セレクション

映画『旅のおわり世界のはじまり』自分や世界に気づく

2019/6/14付 日本経済新聞 夕刊

ホラーであれ、メロドラマであれ、黒沢清監督の映画は「気づき」の物語である。日常生活で抑えていた怒りや殺意、忘れていた愛に気づく。それらを抱えた不確かな自分、不確かな世界に気づく。ウズベキスタンを舞台に若い女性の自分探しを描くという、この異色の新作も例外ではない。

東京・有楽町のヒューマントラストシネマ有楽町ほかで公開(C)2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO

葉子(前田敦子)はテレビのバラエティー番組のリポーター。撮影隊と共に、幻の怪魚がいるという湖にやってきた。しかし怪魚は一向に現れない。いらだつディレクター(染谷将太)の指示で、生焼けの郷土料理をおいしそうに食べたり、ぐるぐる回転する遊具に乗ったり。ビジネスライクな撮影隊が時に現地の人ともめる傍らで、与えられた仕事を根性でこなす。

バカバカしい日々の救いは東京に住む恋人とのチャットだけ。英語もろくに話せないから、街では誰とも意思疎通できない。トラブルがあると決まって逃げ出す。迷いこんだ夜の旧市街で、柵の中につながれた一匹のヤギに同情する。

そんな葉子がタシケントの街でかすかな歌声を耳にする。誘い込まれるように劇場に入る。美しい装飾が施された無人の部屋をいくつも通り抜け、舞台へ。そして「愛の讃歌」を歌う。

それが現実なのか夢なのかはわからない。ただ翌朝、カメラマン(加瀬亮)との対話で葉子は本音を明かす。本当にやりたいのは歌だということ、でも心の底からわきあがる感情がなければ歌えないということを。

異郷の旅でのトラブルはまだ続く。心を閉ざしたままの葉子は「わきあがる感情」に気づけるのか……。

登場人物が他者と新たな関係性を結ばないし、結べない。それは黒沢作品にほぼ一貫した前提であり、その典型的な人物として葉子は描かれる。そんな葉子が自分に気づき、世界に気づくまでの物語だ。移ろいゆく前田敦子の表情が生々しい。2時間。

★★★★

(編集委員 古賀重樹)

[日本経済新聞夕刊2019年6月14日付]

★★★★★ 今年有数の傑作
★★★★☆ 見逃せない
★★★☆☆ 見応えあり
★★☆☆☆ それなりに楽しめる
★☆☆☆☆ 話題作だけど…

エンタメ! 新着記事

ALL CHANNEL