powered by 大人のレストランガイド

新ニンジンのエスニックサラダ 甘酸っぱく食欲そそる

NIKKEIプラス1

ニンジンを丸ごと1本使った、エスニック風のサラダです。香菜やレモン汁、ナンプラーを使ったたれが、甘酸っぱくさっぱりとした味わいで、食欲をそそります。このたれにニンジンがなじんだら食べごろです。レシピには15分以上とひかえめに示しましたが、できれば30分以上、しっかりと味をしみこませる時間をとるのが理想的。さらにおいしく食べられます。冷蔵で3~4日、日もちするので、作りおきにも。

この時期のニンジンは水分を多く含んでやわらかく、甘味もあります。ぜひ生で食べられるメニューで味わってみてください。

ニンジン1本分のせん切りはちょっとたいへん。もしスライサーがあればあっという間で大助かり。これからの季節に何度も食べたくなる一品を、気軽にくりかえし作れるひとくふうです。

調理時間に(3)でつけおく時間は含みません。

材料 (4人分、1人当たり52kcal)
・ニンジン1本(200グラム)
・香菜(パクチー)20グラム
・ピーナツ30グラム
・A[砂糖大さじ1/2、ナンプラー大さじ1、レモン汁大さじ1、赤トウガラシ小1本]

作り方(調理時間10分)

(1)ニンジンは長さ3~4センチのせん切り、香菜はざく切りにする。ピーナツは粗くきざみ、赤トウガラシは小口切りにする。

(2)ボウルにAを合わせて砂糖を溶かし、ニンジンとピーナツを加えて混ぜる。

(3)15分以上おいてニンジンがしんなりしてきたら、香菜を加えてあえる。

献立の例 タイ風カレー、ライタ(ヨーグルトサラダ)

ひとくちメモ

ナンプラー イワシなどの小魚を塩漬けにして発酵・熟成させた魚醤(ぎょしょう)。独特の強い風味があり、エスニック料理では味のベースとして欠かせない調味料です。日本にも魚醤の代表格である秋田のしょっつるがありますが、同じ魚醤でも風味はかなり違います。

(ベターホームのお料理教室 写真=大井 一範撮影)

[NIKKEIプラス1 2019年6月1日付]

これまでに掲載した「かんたんレシピ」の記事はこちらからご覧ください。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
メールマガジン登録
大人のレストランガイド