映画『パンク侍、斬られて候』 展開ハチャメチャ

一見、時代劇のていをとっているが、ジャンルに到底おさまらないハチャメチャな展開をみせる。アナーキーな活力とナンセンスな哄笑(こうしょう)が渦をまく映画だ。

芥川賞作家、町田康の同名の小説を、宮藤官九郎が脚本化し、石井岳龍(聰亙改め)が監督した。

茶店のある街道で、浪人掛(かけ)十之進(綾野剛)が、いきなりバカ長いだんびらを引き抜いて、路傍にうずくまっていた男を斬る。

そのまま去ろうとする掛を、ここ黒和(くろあえ)藩の侍、長岡主馬(しゅめ)(近藤公園)が止めて問答になる。

彼らのセリフは、時代劇のゴザル調に現代口語が混入自由自在の奇妙なものだが、これが奇妙によく意を通じる。

さらなる奇妙は、彼らのこころの内をかたる、小説の地の文みたいなナレーションがはいりまくること。

この調子はつづき、はじめのうちは、冗談ではあるにしても「文学の映画化」みたいでやや鬱陶しくもあるが、展開が加速するにつれ気にならなくなり、終盤でこのナレーションが大きなギャグに転化する。

さて、掛は、斬ったのはこの者が「腹ふり党」の一員だからと主張。奇怪な宇宙観をもち、腹ふり踊りに陶酔する、このカルト集団が侵入してくると藩は滅亡してしまう、と対策の専門家づらして仕官をねらう。

腹ふり党をひきいるカリスマ、茶山半郎(はんろう)の浅野忠信のメイクと演技がすごい。狂気がぬらぬらとせまってくる感じで、これを見て笑い出さない人はない。彼と幕暮(まくぼ)孫兵衛の染谷将太の腹ふり踊りときたら、それこそこちらが抱腹絶倒だ。

ふくれあがった腹ふり党に対抗するのは、人語を話す大猿、大臼延珍(でうすのぶうず)(永瀬正敏!)ひきいる猿軍団。超能力者もからんで見たこともない奇天烈な戦(いくさ)となる。

最後をキメるヒロイン、北川景子の美貌をぜいたくにつかった映画でもある。2時間11分。

★★★★

(映画評論家 宇田川幸洋)

[日本経済新聞夕刊2018年6月29日付]

★★★★★ 今年有数の傑作
★★★★☆ 見逃せない
★★★☆☆ 見応えあり
★★☆☆☆ それなりに楽しめる
★☆☆☆☆ 話題作だけど…
エンタメ!連載記事一覧
エンタメ!連載記事一覧