WOMAN SMART

時短家事

パスタソース活用術(1) 具と一緒に温め主菜に 管理栄養士 今泉マユ子

2018/3/18 日本経済新聞 夕刊

ミートソースやナポリタンといった定番から、ちょっとぜいたくな気分を味わえるイカ墨やウニ、本場さながらのジェノベーゼやアラビアータまで、レトルトパスタソースは味のバリエーションがとても豊富だ。最近はイワシやサバ、サンマなど魚の素材がゴロゴロ入ったパスタソースもあり、そのおいしさには驚きを隠せない。

毎日食べても飽きないほどで、我が家ではトマト系、オイル系、クリーム系、和風と幅広く取りそろえている。湯煎で温めるソースが多いが、あえるだけでよいものや冷やして食べるソースもある。野菜価格の高騰が続く昨今、我が家では様々なレトルトパスタソースを調味料代わりに使い、味付けに変化をつけることでモヤシと冷凍野菜を連日食べ続けている。

レトルトパスタソースの最大の魅力は、パスタ以外の料理にアレンジできて応用が利くことだ。パスタにかけておいしいソースは、ご飯やうどん、餅にもよく合う。

例えば、うどんにカルボナーラソースをかけて、温泉卵をトッピングするとおいしい「カルボナーラうどん」の出来上がり。餅にミートソースをかけて、溶けるチーズをのせて焼くと「餅ミートグラタン」になる。

炊飯器にボンゴレビアンコソースと1合分の水を入れて、米1合を炊いてみよう。おいしい「あさりピラフ」が完成する。パセリのみじん切りをたっぷり混ぜると、おもてなし料理にもなる。

レトルトパスタソースの使い道は主食メニューにとどまらない。今回紹介するのは、冷凍食品や野菜と一緒に温めるだけでメインになるレシピだ。ブイヤベースは、シーフードミックスをタラの切り身やサバの水煮缶に代えてもおいしく作れる。

今の季節にお勧めしたいのが、春キャベツのアサリ煮。キャベツ4分の1個(250グラム)を一口大に切り、鍋にボンゴレビアンコソース1人分、大さじ3強の水(50ミリリットル)と一緒に入れてフタをして火にかけ、キャベツが柔らかくなるまで煮るだけだ。時短調理で春らしい食卓が実現する。

レトルトパスタソースは有名シェフが監修したものや、こだわり食材を使ったものなど多種多様だ。なかでもミートソースやカルボナーラは特に、メーカーごとに味や具材感が異なる。

ミートソースはトマトの酸味があるタイプもあれば濃厚なデミグラ風もあり、肉の量も多めから少なめまで幅広い。カルボナーラソースの場合、生クリーム入りもあれば、卵とチーズだけを使った本場さながらの濃厚タイプもある。

1人前もあれば2~3人前もあるので、家族の人数に合わせて使い分けるとよい。1人で食事するときは、奮発してぜいたくなソースを使ってみるのもオススメだ。

今泉マユ子(いまいずみ・まゆこ)
管理栄養士として企業の社員食堂、病院や保育園に勤務。缶詰やレトルト食品を使った時短レシピのアレンジのほか、防災食アドバイザーとしても活躍。

[日本経済新聞夕刊2018年3月13日付]

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
鎌田安里紗 ギャルだった私が「エシカル」を選んだ
日経DUAL
大ヒット文具開発パパ「娘におもろい!を言い続ける
日経ARIA
氷河期世代の44歳 ブラックな働き方と専業主婦の狭
日経doors
社会心理学でズバリ診断 あなたはこんなリーダーに
日経DUAL
岡崎朋美 育児と五輪挑戦を両立したことは私の財産
日経ARIA
山梨の限界集落に移住、家賃2万円の古民家で2拠点生
日経doors
離婚弁護士が教えるブラック彼氏の見極め方&対処法
ALL CHANNEL