機能てんこ盛り! 電子マネー対応革財布ベスト10

NIKKEIプラス1

6位 トレイウォレット ポスタルコ 370ポイント
底のふかーい小銭入れ 揺すって取り出し

コンパクトな二つ折り財布。「小銭入れの容量が大きく、揺すると出てきて探しやすい」(土橋さん)。「使いやすい、お金をなくさない、傷めないという点が良く考えられていて完成度が高い」(鈴木さん)

カードはポケットに6~8枚まとめて入れる構造。「紙幣と小銭は十分に入るので、カードが少ない男性向け」(深田晶恵さん)との意見も。

(1)8.5×11×2.5センチ(2)黒、赤、ネイビー(3)3万1320円(4)電話03・6262・6338

7位 フラットジップウォレット ヴィンテージリバイバルプロダクションズ 350ポイント
小銭とカード 段差つきポケットで工夫

ジッパーを開けると、小分けになった収納ポケットが広がる。「紙幣とレシートが簡単に分けられる」(山口さん)。小銭とカード部分は底が浅めで、指が届きやすいよう工夫されている。「ポケットの段差が取り出しやすい」(野谷さん)。

(1)10.2×20×0.8センチ(2)黒、ネイビー、グレー(3)2万5920円(4)電話0877・35・8630

8位 旅行財布 アブラサス 310ポイント
長財布? いいえ、2つに折って使えます

一見すると長財布だが、真ん中でたたんでホックで留めると二つ折りになる。「アイデアが秀逸。持ち主以外は中身が見えにくい」(納富さん)。「小銭入れは出し入れしやすく落としにくい」(深田さん)。

(1)9.4×9.4×1.7センチ(二つ折り時)(2)ネイビーなど5色(3)9900円(4)電話03・6418・9660(バリューイノベーション)

9位 アルベルテ束入れ ASB121 ユハク 260ポイント
背面にカード入れ サッと取り出し

紙幣はファスナーのないポケットに差し込むように使う。うろこ状のカードポケットは逆三角形の切り口から取り出しやすいよう工夫されている。「薄さが際立っており、スーツの時に良い」(土谷さん)。

(1)9.8×17.9×0.8センチ(2)赤×ダークブラウンなど6色(3)2万2680円(4)電話045・624・9328


10位 オレット ブレイクノット 240ポイント
色はセミオーダー可 高いデザイン性

小銭入れとカード入れを並べる配置で薄型化した。「コンパクトなのに各機能にアクセスしやすい。一目で全体が見渡せる構造も秀逸」(納富さん)。「手帳のような美しさがある」(和田さん)。色の組み合わせなどのセミオーダーも可能。

(1)8.5×16.8×1.2センチ(2)黒、青など(3)1万6200円(4)電話0879・25・1237(ルボア)

◇  ◇  ◇

ランキングの見方 数字は選者の評価を集計して点数に換算した。製品名、ブランド・メーカー名。(1)サイズ(縦×横×厚さ)(2)色の種類(3)メーカー販売サイトの税込み価格(送料がかかることも)。(4)問い合わせ先。1~3位の写真と2面の全体写真は矢後衛撮影、ほかは各メーカー提供。

調査の方法 専門家の協力で、「紙幣、小銭、カードの3つが収納できる機能的に優れた革財布」21点を選定。「財布としての機能性」を総合評価した。選者は以下の通り(敬称略、五十音順)。

吉比浩(資材連副理事長)▽鈴木啓太(プロダクトデザイナー)▽土橋正(ステーショナリーディレクター)▽土谷貴史(ロフトバイヤー)▽納富廉邦(フリーライター)▽野谷久仁子(革手縫い職人)▽深田晶恵(ファイナンシャルプランナー)▽矢野きくの(家事アドバイザー)▽山口京子(ファイナンシャルプランナー)▽和田由貴(消費生活アドバイザー)

[NIKKEIプラス1 2017年7月29日付]

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧