カズサビーチ 山本一力著言葉や民族の壁を越えた絆

(新潮社・1600円 ※書籍の価格は税抜きで表記しています)

ペリー来航前夜の1850(嘉永3)年。ロングアイランドはサグハーバーに住む、捕鯨船マンハッタン号の船長クーパーを、ペリーの右腕の富豪C・デラノが訪ねることで幕があく。

クーパーはかつて日本人漂流者22人を救出。彼らを送り届けるため、被弾覚悟で鎖国中の日本へ向かい、これを成功させた過去がある。デラノの来訪は、日本人の気質をペリーに先んじてクーパーに尋ねるためで、ここに言葉や民族の壁を越えた奇跡の絆が描かれる。

作中には、クーパーがゴールドラッシュという拝金主義を嘆く箇所があり、今日の経済のみを是とする政治のあり方や、剣呑(けんのん)な国際情勢に対する本書は頂門の一針といえよう。

★★★★★

(文芸評論家 縄田一男)

[日本経済新聞夕刊2017年1月19日付]

★★★★★ 傑作
★★★★☆ 読むべし
★★★☆☆ 読み応えあり
★★☆☆☆ 価格の価値あり
★☆☆☆☆ 話題作だが…

カズサビーチ

著者 : 山本 一力
出版 : 新潮社
価格 : 1,728円 (税込み)

エンタメ!連載記事一覧
エンタメ!連載記事一覧