目の前を黒い点… 「飛蚊症」、網膜に傷なら治療を

目の前を蚊や糸くずのようなものがちらつく。特に白い壁を見たときに気になる。こんな症状があれば「飛蚊(ひぶん)症」を疑ったほうがよい。老化現象の一種で、白髪などと同じく誰でも起こる可能性があり、大抵は問題ない。ただ、飛蚊症の中には目の網膜に穴が開いて発症するケースが含まれており、放置すると失明する恐れもある。症状が現れたり悪化したりしたら、一度、眼科医を受診してみるとよいだろう。

飛蚊症がなぜ起きるのか理解するには、まず目の構造を知ることが重要だ。外から入ってきた光は透明な膜である角膜、レンズの水晶体、ゼリー状の球である硝子体を通り抜けて、目の奥にある眼底の網膜に達する。この仕組みで脳が物体を認識している。

■硝子体に濁り

このうち飛蚊症に関係するのは硝子体だ。ほとんどが水分で透明だが、何らかの原因で濁りが生じると、その影が網膜に映ってしまう。これが蚊や糸くずのように見える。人によってはゴマ粒や輪、たばこの煙のように見えるケースもある。その数は1個のときも、多数のときもある。これらは眼球を上下左右に動かすと一緒に揺れ動くので、蚊が飛んでいるように感じる。

硝子体は若い頃はきれいな球状で内部のゼリーにも濁りは見られない。しかし年齢とともに一部は水のように液体になる。硝子体の収縮が進み、接していた網膜からはがれてしまう。その結果、光が入ってきたときに黒い影が網膜に映る。これが一般的な飛蚊症で、加齢による生理的なタイプと呼んでいる。

近畿大学の下村嘉一主任教授は「生理的タイプは老化現象の一種で、中高年なら誰でも起こりうる」と解説する。強度の近視がある場合、若くても硝子体がはがれやすくなることが知られている。

生理的タイプは検査と診断をするだけで、特に治療はしない。違和感は残るが徐々に気にしなくなる人もいる。視力低下を招く恐れもほとんどないという。下村主任教授は「症状に変化があったときに再び眼科を受診するよう患者に伝えている」と話す。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント